表紙へ戻る   講演会・見学会のページへ  「スローライフin綾部」のページへ
綾部市を訪ねて (平成17年9月2日、3日、4日)
 綾部市は、人に優しい住み心地の良さそうなところ、という印象だ。ゆったりと流れる由良川の両岸には、田んぼが広がり、実った稲穂が頭をたれている。
 モチロン、企業の進出もあって「京セラ」の工場や、綾部が発祥の地と聞いて驚いた「グンゼ」の会社や研究所もある。「グンゼ」は「郡是」が語源。
 綾部市企画広報課に席を置く塩見さんにお話を聞いた。
 人口3万8千人、面積347平方キロメートル、高齢化率は29.8パーセント。地域の開発と活性化のために5年前、「里山ねっと・あやべ」を立ち上げた。スタッフは4名。(そのうち正規の職員は1名)
 市から、人件費は別で年間350万円の予算が下りる。小学校の跡地を使って事務局を置き、活動の拠点としている。都市農村交流をキーワードに都会の人々の力を借りて、農村の人が元気になれるかということを考えて、様々な活動に取り組んでいる。
1 森林ボランティア活動(共有林)竹炭作り、竹チップ、しいたけ、積み木ハウス
2 とよさと石窯(いしがま)ゆめ工房  パンを焼く
3 あやべ里山そば塾 そば畑、そば打ち
4 米つくり塾
5 田舎暮らし体験ツアー
6 農家民泊(都市農村交流) 村人の心を開くのは難しい。そんな中、芝原さん(73歳)の農家民泊は「素のまんま」を売りに、すでに300人以上民泊。リピーターも。
7 クヌギの里 農村住宅用地の分譲
8 空き家の調査と情報提供(現在年間6から7人) 空き家待ちの人は560人。
9 植え付けたトマトなど野菜を販売し、生育の様子をホームページ場で見て楽しんで、最後に収穫してもらう。現在準備中。
パン焼き窯
校庭を利用しての活動(炭焼き等)
 この他、第3セクター方式で、温泉と宿泊施設がある。年間約15万人が訪れる。
 私たちは、古民家に泊まり、塩見さんの案内で市内をくまなく見て回った。市民の足として綾バスがあり、定額料金で乗れる。予約すれば路線をはずれたところへもタクシーに変身して運んでくれる(別途料金が必要)。また、伝統工芸の黒谷和紙がある。後継者を全国から募り、現在12軒が生産している。包装に適した丈夫な和紙である。
 私のような田舎暮らしの者でも、綾部の風景には心が癒される心地がする。自分の手や足を使って作り出すことの豊かさと幸せを綾部は思い出させてくれそうだ。都会暮らしの人にできる活動をする、しかもそれが綾部のためになることであれば、訪れた人は自分の手でふるさとを作り出すことになるのではないだろうか。
   
庭先に咲いていた萩   
「スローライフin綾部」のページへ
このページのトップへ   講演会・見学会のページへ  表紙へ戻る