環境教育 ドイツホームステイ ゴミの分別 リサイクル 生ごみの利用 講演会・見学会 いろいろなゴミ箱 れんの会農園日記 れんの会の紹介
表紙へ戻る
ゴミの分別
 1997年から1998年のデンマークやドイツでは、ゴミは分別収集されていました。
 日本においても容器包装リサイクル法が施行され(2000年)、全国的に分別収集が進んできました。
デンマークコペンハーゲン
在住日本人の方との交流会において
雑誌、新聞 燃やして熱を暖房に使用
段ボール スーパー、企業の段ボールは専用のコンテナに入れ、再利用、再生する。
ビン デポジットできるものは買ったお店に持って行くと30円手元に戻る。
デポジットできないビンは焼却場に収集
ペットボトル ハードペットボトルは1本80円手元に戻る。
有害物 カドミウム、水銀(電池)、薬局・スーパーの薬の飲み残し、ペンキの入っていた缶やスプレーなど
牛乳パック
果物パック
ダイオキシンが出ない大焼却場で燃やす。その熱は暖房に使用する。
粗大ゴミ 環境ゴミ収集プランに従って、町に1〜2回収集にくる。
衣類 自分でリフォームして着るか、できない人は古着用コンテナへ投入する。
ゴミ収集 週1回、午前5時30分から6時に回収にくる。
コペンハーゲンのゴミ集積場
分別コンテナの中の新聞(1998年10月) 分別コンテナの中のタイヤ(1998年10月)
このページのトップへ戻る
ドイツエアラゲン市
 ゴミは細かく分別収集されていました。
ビン(3色)、金属、布類などは、常時持って行くことができるゴミステーションが、500メートルごとに設置されていました。
カラー混在紙、白黒、段ボールに手作業で分けられ分別される。
カラー紙が最もコストがかかる。
化学ゴミ 相談を受けながら回収。
発泡スチロール 粉にして瓦に混ぜ、断熱材にする。
タイヤ 金具をはずしてセメント工場で焼く。(有害物除去フィルターを通す)
そのまま遊具にする。
50%は道路のマットにする。
金属 使えるものは選別。
工事現場の不燃物 プラスチックマットを敷いて埋める。
集めてブロックなどに加工。
板ガラス リサイクル
衣類 再利用(援護物資にしたり、教会で無料配布、中古品点で販売。使えそうにもないものはぞうきんやカーペットにする。
発電所で燃やす。
庭木 コンポスト工場へ
残りゴミ コンパクトに詰めた貨車でフュルトへ運び消却。(持ち込みは有料)
電線 銀とビニールに分けてリサイクル(ビニールはピータイル)
電球 (蛍光灯)水銀を抜いてから処理
バッテリー プラスチック、鉛、油に分けて100パーセント再生。
冷蔵庫、冷凍庫 フロンガスを抜いて処理、その他の部分を分解して再利用。
電化製品 防火剤を取り除きリサイクル可能な部品(銀、金属、ガラス)を取る。
ポリのパイプ 再利用
ドイツのゴミ有料制
 都市によって差異がありますが、基本的に「残りごみ」の容器の大きさに応じて決められるのが一般的です。
年間のごみ料金は、家庭あたり大体2万円前後あたりです。

ドイツのゴミ減量化の方法
 ごみとなる容器、包装物を家庭に持ち込まない。
・飲料や液体の容器は再利用できるビン容器(デポジット
・生ごみを収集に出さず、家庭コンポスターによる家庭内での堆肥 化を奨励している。
集合住宅の分別ごみ箱          色別に分別するビンのコンテナ 家庭分別ゴミ持ち込み場(イーリンゲン村)
(1997年10月)
このページのトップへ戻る
愛知県碧南市
可燃ゴミ
 市の指定袋に入れ、収集車が通る道(指定路線)に出して収集しています。
資源ゴミ
 再利用可能な資源ゴミは、ステーション方式(99か所)で、25種類の分別収集をしています。市民の当番により、監視と分別指導が行われ、収集されたゴミは、すべて業者に委託し、処理しています。
粗大ゴミ
 ステーション方式(8か所)で5種類の分別収集をしています。町内会長の責任により監視と分別指導が行われています。
市民がエコステーションにゴミを運んできたところ 資源ゴミの収集の様子(2001年11月)
このページのトップへ戻る         見学の感想 表紙に戻る