環境を考えよう れんの会ホームページ

ちょこっと環境

 

                   このページは、会員が身近に感じたエコを載せています  


                  2012年 辰年 

  ワカメ刈りと採れたてワカメしゃぶしゃぶランチツアー(鳥羽)2012・2・8

         
 小舟に乗ってワカメ養殖場所へ  御木本真珠島を通過  ワカメの根元をナイフで切る  ロープにくっついているのを切る  簡単に切れる
         
 太くて大きなワカメを切る  ロープを手繰り寄せる  ロープを手繰り寄せるのが難しい   採れとれワカメ   立派に育ったワカメ
          
 いっぱい採れました  ワカメの試食 おいしいっ  ワカメを落とした おじさん 取って〜  フェリーの波を受けて休止  漁師のおじさんがワカメとり
         
 海の中のワカメを見る  水中メガネを使ってワカメを見る  ワカメの育ちを見る  ワカメ採り終了  船長さんありがとう
         
      相差

   海女小屋体験

         
       
   海女小屋でティータイム 海女さんが炭をおこしてくれる  炭火の上で貝を焼いてくれる お餅も追加 
                    三重の天気   2012・1・17  
       
       
 いなべ市(12月26日) いなべ市  遠くの山は雪(鳥羽   庭には雪(名張市)
 
   赤目四十八滝散策   2012・1・3
         
  不動明王が乗って現れたという
赤い目の牛
  日本サンショウウオセンター内   サンショウウオ   メキシコサンショウウオ  国内ではウーパールーパーとも呼ばれている
         
 八畳岩  不動滝  不動滝  千手滝  布引滝



  2011年  卯年
 

鳥羽食べ歩きツアー  2011・12
 海島遊民くらぶの”鳥羽の台所つまみ食いウォーキング”に参加しました。 案内所でお箸をもらい、街中のお店を訪問して一品を戴くというツアーでした。ひじき、旬のお寿司を戴き、、サザエのお刺身の仕方などを教わりました。
         
FSCの印が入ったお箸  森と木材のまち下川から安全を
と書かれています。
 葉蘭細工  葉蘭  さざえのお刺身の仕方を教わる
 
 シーカヤック体験    2011・7
 海島遊民くらぶの磯体験「海ほたる体験」から2度目の参加今回は、安楽島海水浴場にてシーカヤック体験。初心者ばかりで不安いっぱいの挑戦でしたが、不安を抱かせないサポートガイドはさすが!いつの間にやらオール使いも様になり、どこかの誰かは「レースに出れそう!」グラスボートから見える海藻の森に、鳥羽の海の豊かさを知り、海風は心地良く、あっという間の2時間でした。海の魅力は年齢も忘れさせてくれるようです。 ずっと、忘れていたい!
 
         
 エキシブ17階からの景色  いざ 出陣  安楽島到着  シーカヤック  右側のカヤックに乗る
         
 安楽島にて  カヤック準備中  漕ぎ方を教わる  準備OK  いよいよ出発
         
 右へ 左へ  会長は総監督  少し進んできました  全員集合  漕ぐ要領がつかめてきました
         
 海の中を見る余裕が出てきました  安楽島の半島に着きました  ゴミひとつない島   あーしんど  みなさん お上手 とほめていただき…・
         
海藻の森 海藻の森 海藻の森 海藻の森 海藻の森
         
海藻の森  わかめ 海藻の森 海藻の森 海藻の森
         
 モク  カジメ アマモ   天草  ヒジキ
 
 お伊勢さん 125社めぐり  2011・2.13
 

○一年ぶりのお伊勢さん125社めぐりです。今回は山と清流の里、大御神の遙宮滝原宮を訪ねました。道の駅大台に車を置いて、三瀬谷駅から滝原宮までJRに乗 り、大宮町役場前から里道を歩き、滝原宮、滝原竝宮(たきはらの ならびのみや)若宮神社、長由介神社、川島神社を参り熊野古道の三瀬坂峠をとおり、地元では 「真奈胡さん」と呼ばれる多岐原神社へ。神社の下にはこの地域の 交通の重要な場所だったことを伝える「三瀬の渡し跡」がありました。 

  
       
 三瀬谷駅  滝原宮駅前の橋から見た大内山川が美しい  滝原宮(たきはらのみや)  熊野古道沿いの池。緑の水に空や山が映える
       
 峠近くの檜の林の木もれ日  多岐原神社  三瀬の渡し跡  
 

 2011年1月17日 15:30 の様子

               
 三重県北部 大雪警報           愛車も雪に埋もれて… 
               
  諸戸西園                                                               2010年11月
 

「桑名ふれあい街歩き」
まずは、六華苑≪鹿鳴館でしられる建築家コンドルの設計で、大正2年(1913年)に完成。国の重要文化財に指定されています≫へ行き、この時代のこのような暮らしをしていた諸戸家の人々にも思いを馳せました。

その後、諸戸氏庭園へ

江戸時代の豪商の隠居所として造園され、明治時代に初代諸戸清六の所有となりました。庭園は国の名勝に指定されています。 春と秋に一般公開されていますが普段は入ることができません。 今、門・玄関・客人もてなし用のビリヤード場の修復作業に入っていました。  写真は庭園の中です。
そして、「諸戸家のうつわ展」を開催中の桑名市博物館へ
今回は、諸戸氏に関わる街歩きとなりました。

            
       
       
     


お伊勢さん 125社めぐり  斎宮コースより  2010・2・6
 お伊勢さん、125社めぐりをしています。2月6日今年一番の寒さの中、明和町と松阪市の境界あたり、田園の中、櫛田川沿いの堤防を歩いて、神麻続機殿神社、神服織機殿神社、と末社、16社を参拝しました。広がる田園はきれいに耕され作農の準備が進められていました。豊かさを実感します。堤防からみえた櫛田川の青い川面はまさに感動ものでした。自然のままに残されているというお祓い川は水もきれいで、名古屋で子供の頃遊んだ川を懐かしく思い出しました。

     漕代付近 祓川 
自然のままに残されています
神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)
向かう途中一面の田園  美瑛の丘を思い
出しました
冷たい風の吹く堤防からみた櫛田川は、透明で遠くに見え
る雪雲とともに、すばらしい景色だった。
 
神麻続機殿神社の杜
(かんおみはたどのじんじゃ)

神麻続機殿神社
(かんおみはたどのじんじゃ)
広がる田園の中に現れる
神服織機殿神社の杜
  神服織機殿神社
 かんはとりはたどのじんじゃ)
鳥居を入って振り向くと広がる
田園の向うに街



名張市


ボストンテリアのドンちゃんは、散歩の途中で缶やペットが捨てられていると銜えて家まで持って帰って来るそうです。スチール缶は硬いので途中で噛み直しているとか・・・・・


アルミ缶を銜えている 僕お酒は飲めないんだワン