見学会、講演会


いなべ市立大安中学校 テクニカルボランティア見学  H16・ 6・26

〒511?0264 三重県いなべ市大安町石榑東2977
 テクニカルボランティア部 代表 出口省吾先生


テクニカルボランティア部はH10に部活動として発足。生徒数約500人の中規模校に男子が活躍できる文化系クラブがなかったこと、植林された木があまり利用されていない現状があったことが誕生の主な理由。その他、放置された間伐材や焼却場に捨てられた丸太を活用するべくスタート。

  活動内容  

 

       作品となった木工品を周辺の公共空間へ寄贈。  
    H10・4月から今日まで約6年余り、約1,200点を町内外の団体へ寄贈。
   (公園、 学校、 
保育園、千葉県子ども病院等)

      木工教室の開催、修理。

      森林保全を旨とする行動。

効果

  

       木工、金工技術の習得。

       機械や道具の使い方の習得。

       森林の現状の認知。

       ベンチや椅子の販売。

      収益金を寄贈 (社)アジア協会アジア友の会へ寄付

      カンボジアタケオ州バレイ村に井戸を贈呈する等、国際貢献に参画。

       リサイクルなどの環境意識の醸成。物を大切にする心の教育の実施。

       部活動で発生したおがくずを堆肥や雑草押さえ、燃料などに利用。同じ使用目的で地域の人に貰っていただくなど、結果的にゴミゼロを達成。持続可能な社会実現を目指す為の教育活動の推進、実行。

その他

       員弁町コミュニティスクールでの木工指導。

       三重大学環境サークルとのエコ交流。

       手造り太鼓で大安中オリジナル演奏。

       H16、6、7 地域環境保全功労者大臣表彰。

       NHK TVラジオでの紹介。

感想

 ○『のみ、のこぎり、かんな、チェーンソウ、電動カンナ、電気ドリル、電動丸のこ、サンダー溶接機などの少々危険な道具の使用も正しい使い方さえ習得すれば大丈夫。』との出口先生のお話から、今日の教育現場(挑戦をさせにくい下地)の現状の中で、予防的に危険を回避しながら経験させてゆくことで子どもたちは育つという教育的見地に立って指導しておられると感じました。

 ○彼等は、身辺に存在する森林や木を見直し、リサイクル、リユースに挑み持続可能な循環型社会の創造の担い手たるべく、地域社会とも連携、協働している。ひとえに出口教諭の先見性ある指導力の賜と推察されるが、我々“環境”を学習、追及する大人達に対し、確実に啓発し、高次な段階への挑戦を提示されているようであった。


作品の説明を聞く