表紙へ戻る              ドイツ・スイスを訪ねる環境研修旅行  2008.11月13日〜11月22)
ドイツ・スイスの目次へ                                              
                                                     木下 裕美子


11月13日
セントレアからドゴール空港を経由してフランクフルト空港へ。
空港より鉄道にて移動。
鉄道駅では三角柱のオシャレな分別ゴミ箱が置かれていた。
ハリーポッターに出てきそうなフランクフルトの駅にドイツへ着いたことを実感
夕暮れの駅前を路面電車や自動車道を横切り進むのだが、信号の変わる早さに戸惑う。


フランクフルト中央駅


分類別のごみ箱

ホテルに着くと、健太郎さんから「僕は軽く食事を取ろうと思いますが皆さんは?」の問いかけに、すぐさま「行きます!」と全員。ホテルから歩いて5分ほどのところにあるトルコ料理のお店へと案内してくださった。
(飛行機の中で夕食らしきものを食べた気もしますが、自己紹介も兼ねての夕食?)

健太郎さんより、明日の行程と共に昼食を取る時間が取れないかもしれないので、ホテルの朝食の時にパンを余分にいただいて置くと良いとのアドバイスあり。道路に面したホテルの前は、飲んで騒いでいる人の声が明け方まで聞こえ自動車の通る音も一晩中聞こえていた。

11月14日
6時前には、ごみ収集や道路清掃の車が動き出す。
朝食を充分いただいた後、目立たぬように(?)お弁当作りに精を出すメンバー。
ホテルに荷物を置いたまま鉄道にて移動(スーツケースを持ち歩いての移動を極力少なくとの配慮がうれしい)


ごみ収集車



ごみ収集車

バイオガス施設の見学

現地駅にて健太郎さんの友人(村瀬 天出夫アマデオ君)と合流
その施設は、北海道を思わせるような広大な農地の中にありました。
トウモロコシ・おがくず・ヒマワリなどを発酵させてメタンが作られているが、第1次発酵の段階での水分の計測やバクテリアの管理は一番重要なポイントとなっている様子
設内に漂う匂いは、マテリアルの匂いで農家のどこでもする匂いであり、この施設を始めた時に周りの人を呼んで500人くらいでパーティーをしたそうだが、運行はすでに始まっていたにもかかわらず参加者は全く気付かなかったそうである。そうして周りの理解を経て始まったプロジェクトだが、いまでは一年間に4000人が暮らしていけるエネルギーを供給している。重量割合は、メタン20%・堆肥80%であり堆肥は農家にすべて引き取られており、地域循環型の理想系となっている。10年前には野積みのまま処理されていた堆肥は、法律が変わったとのことでシートがきっちりと覆われていた。堆肥化の段階で発生する熱の利用方法も、今後の課題として考えられており温水プールなどいろいろと企画されているようである。「温室にして、トマトなど野菜の栽培はどうか?」と農業をしている我がメンバーの発言に、そのような事も考えに入っているようであった。
今後の計画として、現在発電所が1基であるが2基に増やし安定供給やメンテナンスの面でも効率の良いものにして行こうと着工計画が進んでいるとのこと。バイオエタノールよりもバイオガスのほうが効率的であることや、ブラジルではメタンの処理だけのために会社が成立している事など、経済効率のためにもメタンガスの利用が最適である事を述べられた。
都市から離れている事での物流の問題は今後の課題でもあるとのことだが、これを町の中に持ってくるにはまだまだクリアしていかねばならない事案は山積しているように思う。施設で働いている人は数人である。コンピューター管理等で人手も殆どかからず、設営から数年でビジネスとして成立しているが、そのきっかけは肉屋(多分、養豚・食肉牛業)の父親からの「これからはバイオガス発電を・・・」との一言からだったらしい。
環境ビジネスでの投資家でもあるそのお父さんに、私たちは駅までの送迎をしてもらった。バイオガスが企業として成立するには、行政の支援や地域環境もおおいに影響していることと思う。

フランクフルトに戻る列車の中で、持ってきたお弁当を(?)を食べる。
ハム・野菜をはさんでのサンドイッチあり、チーズやバター・ジャムなどが次々と出て、おばさんたちの鞄はドラえもんのポケット。(アマデオ君の分もきっちりあり、相談したわけではないが誰もパン1個だけを持ってこなかったところはさすが!)
フランクフルトのホテルへ荷物を取りに戻り、マンハイムへと移動
マンハイム駅前にあるホテルへチェックイン(エレベーター無しのホテルに気後れしてしまったが、若き二人のエスコートにこれまたうれしい誤算)

マンハイム大学の見学

大学に向かう途中にも各学部の建物があり、人々が暮らす街並みと大学が混在している。
歴史を感じる通りをしばらく歩くと、宮殿がそのまま大学になっているマンハイム大学に到着。そこで、健太郎さんの友人で在学中のマーク君と可愛い日本人の奥さんと合流し彼らの案内で学内を見学させてもらった。重厚な外観だが中は一部を残して近代的に改築されてはいたが、歴史を感じる落ちついた大学であった。講義やセミナー室、図書館、食堂まで見学させてもらうことが出来た。
(健太郎さんが此処で学び過ごしていた日々が目に浮かび、ふと今の心境を聞いてみたくなった。)
ドイツの大学が昨年まで授業料がいらなかったことや、奨学金は返さなくてもよいことを知った。今年から半期で7万円いることになり学生たちの反発で、デモも起こっているとのこと。(日本では考えられない手厚い行政からの支援である)大学内にある教会や近くにある教会など、夕暮れ迫るマンハイム市内を見学。
市内は碁盤の目のようになっていて丁度、日本の京都のようであることを電光掲示板の市内マップを使って説明を受けた後、分水塔を集合場所にして解散。


市内マップ


マーク夫妻と一緒に

分水塔

私たちのグループはマーク君がついてくれた。
優しい彼の案内でデパートに
私は、孫の服とポケモンカードのドイツ版を購入。

待ち合わせ場所である分水塔は、今は使われていないが水を利用した広々とした公園になっていて、その公園を囲むように住宅地が並んでいた。ホテルに戻る道すがら、自然食を取り扱っている店の説明を受け店内へ。そこでまたお買い物。(店内には日本の豆腐やしょうゆなども置いてある。自然食?)その店の隣は、自然食のレストランになっていた(ドイツでも、自然食はブームらしい)


自然食品の店

豆腐 tofuと書いてある

ホテルでの夕食
アマデオ君・マーク君夫妻も加わりにぎやかな夕食。
私たちが夕食を終える頃に、資料作りなどでお世話になったマンハイム大学の先生(日本の方)も合流。一同、お礼を述べてから彼らの久しぶりの再会の邪魔にならぬよう、おばはんたちは部屋に戻る。

11月15日
アマデオ君の出迎えを受け、ハイデルベルグ観光へ。
遠方にハイデルベルク城



ハイデルベルク市内散策

懐かしい景色に11年前の事が次々とよみがえる。「崩れかけた城壁に「日本なら修復しますよね。」といった私に「崩れ行く姿がロマンチックですね。」と、お父様の東教授が言われた事が忘れられません。」と、健太郎さんに伝えると「ええっ、僕はそんなこと一度も聴いたことがありません」
トイレを借りにハイデルベルグ市役所に入ると、結婚式が行われており市役所の前には紅白のテープに巻かれた丸太切りイベントの準備がされていた。
ハイデルベルグ大学もしっくりと街に溶け込んでいる。(アマデオ君はハイデルベルグ大学で中世史を学んでいるとのこと)
お買い物を楽しみながら市内散策の後、昼食。(食事がゆっくり楽しめることは何より)
路面電車・鉄道を乗り継ぎマンハイムのホテルへ戻ると、すぐ荷物を持ちイーリンゲンへの移動となる。マンハイムの駅まで送ってくれたアマデオ君とは此処でお別れ。

車窓の景色を眺めながらの列車での移動は、今回の旅でその素晴らしさを存分に知ることが出来た。車窓からは、村々にある教会や広々とした農地や牧場・新旧の住宅が上手く融合している街並み、市民農園(クラインガルデン)もいくつか見ることが出来た。遠くに見えるロマンチックな建物など、飽きる事の無い景色を堪能させてくれました。
夕暮れ迫るイーリンゲンの駅に到着
イーリンゲン駅

駅前通り

駅前通り

迎えを待っている


しばらく待つが、迎えに来てくれるはずのシュヴァイツアーさんが来ない。
家に連絡すると、私たちを驚かせようとフライブルクの駅まで迎えに行ったとのこと。サプライズの計画は失敗!
急膀、農家民泊を経営している息子さんのお嫁さんが車で迎えに来てくれたが、全員のスーツケースしか入らず、歩いてシュヴァイツアー家に向かう事となった。歩きながら、懐かしさがこみ上げてきた。一度訪れただけの、めったに来る事の無い所であるにもかかわらずこんなにも郷愁を誘うとは自分自身でも以外であった。農家民泊を始めるにあたって、以前豚小屋だったところに建てられたとのことは東教授からの事前レクチャーで知ってはいたが立派なものであった。3部屋あり、それぞれの部屋には2つの寝室とリビングダイニング・シャワー室などが十分な広さにとられ、インテリアも居心地のいい空間を演出している。
荷物を片付けているとシュヴァイツアーさんが現れ、久しぶりの再開を喜び合う事が出来た。(彼が部屋に持ってきてくれたのは、日本のお茶セットとリンゴ。さすが日本通)
夕食はシュヴァイツアーさんの案内で、近くのレストランへ
今回の旅では食事の度に、メニューからいくつかを選び全員でシェアをして食べている。本来はこうした食べ方はしないそうだが、何しろ一人分が多い事といろんなものが食べられる利点もあり健太郎さんがレストラン側へ交渉をして下さり成立している。
農家民泊は、朝食だけ付いているところもあるが食事の世話は入っていない。11年前に訪れた時は、ヴァイカースハイムで農家民泊の体験をした。その時に、このシステムで農家民泊を始めた事が生計を助け、女性の地位向上にもなっているとのレクチャーを受けた。確かにこのシステムだと農家の片手間に出来そうである。
レストランの駐車場近くに「ツーリスト・インフォメーション」の電光掲示板があり、ホテルや農家民泊の空き状況がすぐに分かるようになっていた。もちろん、シュヴァイツアーさんのところもあった。(が、空き部屋は無い筈なのに電気が)農家民泊は、4〜50%の稼働率で経営は成り立っていくそうだが、シュヴァイツアーさんのところは70%あるとのこと。

11月16日
私たちのために特別に朝食の準備をして下さった。
あらためて、家族の紹介。(シュヴァイツアーさん・息子夫婦に2歳の孫の4人家族)
朝食後、シュヴァイツアーさんの運転でイーリンゲンの自然博物館と歴史博物館の見学。


朝食はバイキング

自然博物館

展示物などは、子どもたちが学びやすいよう工夫されていた。
子どもたちへの教育プログラムも年間を通じて用意されている。
イーリンゲンの動植物の多様性は、火山の噴火(2000年前)によって出てきた石の種類でも分かるのだと、いくつもの石が館内には置いてあった。ぶどうの栽培がされている段々畑も、火山灰の土地だからまっすぐにすると崩れてしまうからだという。マンモスの化石も触らせてもらう事が出来た。

歴史博物館

この博物館もやはり、自分の子どもたちに祖先がどのような暮らしをしてきたのかを伝え残していく事を目的にしている。昔は、大家族で伝える事が出来たが今はそれも難しくなってきているとの話には日本の現実でもあると感慨深く聞くことが出来た。展示されている暮らしの道具や写真など、その一つ一つに思いが込められているのを感じる。展示物であるケースの中からアコーディオンを取り出しシュヴァイツアーさんの演奏が始まった。(うまい!多才であることを再認ッ)
この日の昼食は、シュヴァイツアー家のご家族と一緒にイーリンゲンの丘の上のなつかしいレストラン。(11年前と変わらぬ景色に、思い出がどっとよみがえって来た)


アコーデオンを弾くシュバちゃん

昼食後は、ワイン工場の見学

大きな規模の工場で、近代的な設備から歴史を感じるたくさんの樽などの見学は、テイスティングも含めさながらテーマパークのようであった。シュヴァイツアーさんは見つからなかったらよいと、飲酒運転のまま遠距離ドライブへイタリアの建造物を真似た、イルミネーションのきれいなコンチネンタルホテルや傍にある遊園地のジェットコースターなどドイツでは珍しいらしく、私たちに見せたかったのだと遠路案内して下さったとのこと。

夕食はシュヴァイツアーさんの長女の家族も加わり、にぎやかな夕食となった。私たちを、心から迎えてくださっている事に感謝の気持ちでいっぱいになる。


テイスティング


11月17日

シュヴァイツアー家での最後の朝食を済ませた後、完成間近のサウナの建物とワインの醸造工房を見せてもらった。(益々充実した農家民泊施設となる事と思う)

名残惜しい気持ちで一杯であったが、イーリンゲンを離れてシュヴァイツアーさんの運転でフライブルクへと向かう。

フライブルグ市内の観光

石畳の歩道の脇には細くて浅い水路があり、きれいな水が流れている。
昔は火災時の消火のためだったらしいが、今ではそれも観光資源となっているとの事。
市内は、古い建物と新しい建物が混在して入るが調和の取れた街並みである。色とりどりの石で彩られた石畳もきれいであるが、歩きにくい。
11年前に訪れた時にフライブルク在住の今泉さんが、これを不自由だと思わない暮らしが此処にはあるのだと言われたが、バリアフリーを主張している日本の生活からすれば歴史に対する余程のポリシーが必要である。
クリスマスの準備で賑わっている通りを抜け、歴史ある教会前で開かれている市場へ行った。街の中にはオシャレで近代的な店や観光客目当ての店も多いが、市場に並べられている品々を見て歩きながら市民の暮らしに思いを馳せる事が出来た。
散策の後、ビール工場のレストランでの昼食。
出来立てのビールの味も格別であったが料理も美味しく皆、上機嫌。
シュヴァイツアーさんも上機嫌であるが、また、飲酒運転で・・・
レストランの傍を流れる川(水路)に、大きく口の開いたワニ発見!(ゴミ止めであろうが、建物も含め一つ一つがオシャレである)
中世からの建物も、仰々しく展示保管してあるのではなく市民の暮らしの中に存在しており、だからこそ施策で守られているとはいえ景観に対する意識も違うのであろう。

21. Dezember 2008 14:32 Uhr

Der Winzerhof Schweizer hat eine neue Attraktion  

Mobile Rebhausle-Sauna fur Touristen

Ein besonderes Erlebnis bietet seit Kurzem der Winzerhof Schweizer in Ihringen. Denn Martin Schweizer hat eine mobile Sauna im Stil eines typischen Rebhausle erstellt. Sie soll auch im Winter Touristen anlocken.

新聞にモバイルサウナが載る
 

川の中にワニが・・・・

ごみ止め?





時間があればゆっくりといろんな通りを歩きたい思いを残し、スイス・インターラーゲンまでの移動のためフライブルクの駅へ向かう。列車の席が全員同じ車両で取れなかったとの事で、2手に分かれることに・・・
2号車に乗る私たち4名は、シュヴァイツアーさんが送ってくれることとなった。
別れを惜しみ再会を約束し、来た列車に私達の荷物をすばやく次々と運び込んでくれる姿は年齢を感じさせないたくましさ。
ドアが閉まり、指定座席に行くと先客が・・・私たちの席だからと移動してもらい、どっかりと座り込んだ。
しばらくして、車掌さんがチケットの確認に。リーダーが6号車にいて、全員のチケットを持っている事を伝えるとけげんそうな顔。英語が私達よりも出来るメンバーの一人が、車掌さんと共にリーダーの元へ。車掌さんと共に戻ってきた彼女曰く「大変なことになりました。6号車はありませんでした。」しかし、あわてる様子も無くサラリと報告。車掌さんから言われたとおりに、旅の行程表とパスポートを準備していると2名の男女の警察官が来て確認し、車掌さんからは私たちの乗るはずであった列車がバーゼルの駅で5分後には来るから乗り換えるよう指示あり。バーゼルの駅までどれくらいの時間がかかるのか、はたしてその駅がわかるのか不安であったが、隣の席に音楽をやっている若者3名が英語を分かってくれ「私達もそこで降りるから」の言葉に一安心。こんな非常事態にも笑いが止まらない。(非常事態だったからかもしれないが、久しぶりに涙が出るほど笑った)もうっ、シュヴァイツアーさんったら!


バーセル駅

インターラーゲンまでの車窓もロマンティックなものであった。
今回は、人との出会いや関わりも含めて列車の旅の素晴らしさを随所で感じることが出来た。
インターラーゲンはあまり大きな町ではないが、通りは観光客目当ての店が多い。
みやげ物店にいくつか入り、ホテルから歩いて10分ほどのレストランで夕食。


レストラン

11月18日
ホテルの窓から雪のかかっているアルプスの山並みが見え、心躍る!
今日はユングフラウヨッホの観光である。
天候はあまり良くはなさそうだが、山の天気と何やらは・・・に期待し、映像で何度も見たことのある列車を乗り継ぎどんどんと頂上に向かう。素晴らしい景観が続いた後、長いトンネルに入った所で、数年前の大参事が頭をよぎった。
トンネルの途中、アイガー北壁が見えるというところで途中下車。
吹雪で残念ながらアイガー北壁は見えなかったが、歩いていても呼吸が少々苦しくなってきた。(気圧の変化を感じる)
そこからまた登り、駅に到着してからの歩きは宇宙遊泳のよう。
エレベーターで一気に400メートルほど上がり頂上へ。
頂上もやはり吹雪で、周りの景色も残念ながら見ることは出来なかったが富士山の頂上より数百メートルも高い、此処に立てたことがうれしかった。
苦しそうに座り込んでいる人もあるが、我がメンバーは私ともう一人を除き元気である。私は、完全に高山病の症状。(レストランやみやげ物販売の従業員がなんともなさそうに働いている姿が不思議)
昼食後「もう、早く下に降りましょう」と言った健太郎さんの顔色も悪かったが「ほっ」とした。


車窓より

車窓より

夕食はインターラーゲンの街中を散策しながら中華のお店へ。
食事が目的の旅ではないが、変化に富んだ食事はうれしく「おいしい食事」は心も満たしてくれる。
事前に、色々と下調べをしていてくださった健太郎さんに感謝!

11月19日
インターラーゲンよりチューリッヒへ移動

ホテルに荷物を置いてから、オエリコンヘ移動

エスタさんと落ち合い、自然食レストラン(ノット・ギルディー)にて昼食。彼女は度々このレストランを利用しているとの事。(ノット・ギルディーとは罪にならない。罪の意識無く食事が出来るとの意味だと、以前はパイロットをしていたという経営者から自然食へのこだわりを聞くことが出来た)

彼女は子育て真っ最中であるが、仕事をいったん辞めてしまうと未来につながらないからと仕事量を減らしながら続けているとの事であったが、プライベートデイケアやベビーシッターなどたくさんのお金がかかる。しかし、そんな時期がいつまでも続くわけではないからと支援システムを最大限に利用している。
自然食や自然エネルギー、理想的な暮らしを見せていただいたが、経済的に恵まれていない人々の暮らしの現状はどうであるのか知りたくも思った。

彼女は、市内に大小点在するスーパーマーケットCOOP(日本と違い企業として経営されているとの事)の内、規模の大きな店を案内してくれ写真撮影の許可も受けてくださっていたおかげでリサイクルシステム等たくさんの写真撮影を行うことが出来た。


チューリッヒ駅の天井に
ニキド・サンフィルのナナ像が・・・



津・フレンテ広場にあるナナ像

街中を走るcoopの車

ここからの報告は、庄司代表の的確な報告がありますので木下の報告はこれまでとさせていただきます。
今回の旅は、東先生や健太郎さんのおかげで実現したものである事は思い出せる限りのことを振り返っても感謝しきれない事ばかりです。心より感謝申し上げます。