環境教育 ドイツホームステイ ゴミの分別 リサイクル 生ごみの利用 講演会・見学会 いろいろなゴミ箱 れんの会農園日記 れんの会の紹介
表紙へ戻る
れんの会農園日記
 れんの会では、2005年6月より豊里ネオポリス近くにある農園を3坪ほど借りて、会員の大垣マイスター指導のもと、生ゴミ堆肥を使っての野菜作りを始めました。堆肥を使用した野菜と使用していない野菜の比較もしてみたいと考えています。
2006年11月25日
小芋を収穫し、皆で施肥と無施肥とで味比べをしようと持ち 帰りました。大垣さんが種から育ててくれた白菜も少し大きくなっていましたが、12月2
日に大垣さんが見てくれたところ虫に食われているようです。 手入れの行き届いた周りの畑に混じって私達の畑は草ぼうぼうでちょっと恥ずかしい
状態でした。

里芋の味比べ

食べ方

施肥をした芋

施肥をしなかった芋 

Aさんの料理

冬の伊賀では体の温まる”のっぺい汁”をつくります。大根、こんにゃく、小芋、人参、ごぼう、しいたけ、揚げ、鶏肉、を入れて煮ます。小芋の味の比較は切り方で区別をしました。

肥料無しを小芋のかたちのまま、肥料ありを半分に切って煮ました。

その日に食べました

少し粘りを感じたが、微妙

粘りが薄い、微妙

あくる日、さめたままののっぺい汁

やわらかくて口当たりがよかった。 

小芋が引き締まり、硬く感じた。 

料理したけど大差はなかったような・・・・

Yさんの料理

別々にゆでて何もつけないで味をみました。

 

両方を3個ほど食べてから、マーボーサトイモにしました。

豆腐の代わりにサトイモを入れるだけですがみんなが喜んで食べました。

口当たりが滑らかでした。

ねっとりした口当たりは甘味も感じられ何もつけなくてもおいしく感じました

口当たりがあまりよくなかったです。

甘味も感じられませんでした。

 

3歳の孫は、「ちょっと硬い」と食べませんでした。

 

掘り上げる前の里芋
左の畝・無施肥、右の畝・生ごみ堆肥を施肥
掘りあげた小芋

左の畝・無施肥、右の畝・生ごみ堆肥を施肥

 

肥料の効果は収穫量にあらわれています。
土づくりがとても大切だと思いました。
みなで分けられるだけ採れてよかった。
やっぱり施肥した畝の方が大きい芋がたくさん付きました。味はどうかしら。
草ぼうぼうの畑 左の畝・無施肥、右の畝・生ごみ堆肥を施肥


白菜

12月2日に大垣さんが畑を見に行ってくれたところ、白菜は虫に食われてしまっていて収穫は無理でした。

.10月14日に植えた白菜
一株が虫にくわれているのか萎れかけ。
葉の巻いた白菜ができるようにとそーっと縛りました。

3人で作業をしていたら、お隣の畑のおばさんが、立派なダイコンを下さいました。
.隣の畑は、手入れが行き届き、大根、白菜、ネギ、ブロッコリーが立派にできていて、私たちの畑とは大違いでした。

お隣の畑で出来た大根 隣の畑
10月14日

生姜の収穫をしました。今回は生ごみ堆肥を施肥したものと、していないものを区別して皆さんに比べてもらうことにしました。その結果です。大垣さんは「味は一緒、一緒。」といいながら、家にたくさんあるからと持ち帰りませんでしたが、よく分からないと言う人が多かったです

 

無施肥の畝

生ごみ堆肥を施肥した畝

葉や茎の様子 

 

葉は、こぶりで、茎はやや細く、密に繁っている。

葉の一枚が大きく、緑色も濃い。茎はやや太く、生姜が大きいため、茎の間隔か離れていて、密に繁っていない。

生姜の様子

 

新生姜は施肥のものに比べ小さく、茎から根の境あたりや先端の赤味は強くない。

新生姜は、大きく厚みもあり、茎から根の境あたりや先端の部分の赤味も強い。

生姜の味(生で味噌をつけたり、甘酢に漬けたり)

 

今井

よく似た大きさのものを比べました

生姜の辛さは際だっている。

全体に甘みがあって、生姜の辛さがきわだっていない。

どちらを美味しいと言ったらよいのか・・・。

甘酢に漬けたものは違いが分かりません。

上村

(1日目)味噌味で食べてみた。何回も試すうち、口の中がかっかして失敗の巻きでした。

(2日目)かっかとくるのが少ない方が肥料無し、かっかとくるのが肥料あり?と思うぐらい。

2回、3回と食べていたら、どっちがどっちかよくわからなかった。

 

木田

しょうがの試食は、どちらも大差はないけど、肥料を入れたほうが辛いように思いました。

みそをつけて食べるのは、新芽のところだけです。親の生姜は、みそだけで食べるのは辛すぎると思う。新芽も、ころっと、丸いものより長くて細いもののほうが辛くなくて食べ頃です。

木下

ほう葉味噌をつけて食べたけれど違いはよくわからなかった

庄司

採ったその日に食べたところでは肥料のない方が味ははっきりしていて美味しいと思ったと最初報告がありましたが、訂正がありました。「今考えると、施肥してある方と、してないほうが反対だった様な気がしてきました。ですから施肥してあるほうが、辛みがすくなくやわらかく、してないほうはかたく、辛みがきつかったようです。」と・・・。

若松

私も辛みがまろやかかしら?味噌で食することは今までなかったので新鮮なお味で美味しかったです。実ははっきりした違いは見つからなかったところが本音です。


生姜の生育の違い
(左の畝・無施肥、右の畝・生ごみ堆肥を施肥)

生姜の生育の違い
(左の畝・無施肥、右の畝・生ごみ堆肥を施肥)

生育の違い
(左・無施肥、右・生ごみ堆肥を施肥)

小芋の生育の違い
(左の畝・無施肥、右の畝・生ごみ堆肥を施肥)
白菜の苗を植えました .生育の違いがよく分かります
(左は無施肥・右は生ごみ堆肥を施肥)

8月26日
月1回の草引きでは近隣農園の人に迷惑がかかると、また津在住の2人が草引きに行ってくれました。本当にありがとうございました。

報告です。
草が思っていたより少なくてほっとしました。生姜は葉が増えていましたが、トウモロコシは枯れてしまっていたので引いてしまいました。
生姜に、土寄せをしました。なすは虫が付いたのか、葉が穴だらけでしたのでひどい葉はとりました。実は一つありましたが、大きくなれずに枯れそうでした。
生姜の葉が増えていました
土寄せをしました 左(堆肥を入れていない畝),右(堆肥を入れた畝)
どのような差が出てくるのでしょうか
葉が穴だらけのなす
8月5日
 今回もまた津在住の2人が草引きに行ってくれました。猛暑の中大変であっただろうと申し訳けなさでいっぱいです。ありがとうございました。
その時の報告です。
夏の盛りに放ってあった畑は草がぼうぼうで、農園利用者の人に迷惑がかかってないだろうかと申し訳ない気がしました。なんとか2人で抜いて綺麗にしました。生姜は少し大きくなっていましたが、トウモロコシは枯れかけていました。今回ナスが沢山採れましたが、種だらけのもありました。ピーマンは赤くなったのが一つで、今年は全然成績が悪いです。
草ぼうぼうの畑 草引き後 手前の生姜は生ごみ堆肥を置いた方、奥のは置いていない方、根元に草を置き陰にしました
豆知識

種だらけのなすびは、塩でもむと種だけ出て食べられるそうです。
青紫蘇の収穫、枯れかかったトウモロコシ 収穫したなすび
7月16日
 夕方、ザーッと夕立が来て、涼しくなりました。「石灰を撒いておきまーす」と言ったもののなかなか行けなくて気になっていましたので、夕立の後思い立って畑に行って来ました。1週間で、草が立派になっており、大きいものだけと思い抜き始めましたが、薄暗くなり十分な草引きができませんでした。石灰は先日ジャガイモを収穫した畝にばらばらと撒きましたが、もっと撒くべきだったでしょうか。
 トウモロコシは実が何者かに(虫ではなく、ちょっと大きな生き物ではないか?)皮ごと食べられ、しかも倒れているのが1本ありました。もう少しで食べ頃という実がありましたが、今度の例会まで無事だろうか・・・・。生姜の芽も出ていました。里芋も小さな葉が元気でした。ピーマン類はぜんぜんだめです。ナスは4本戴きました。数日後にはまた適当な大きさになると思うので、誰か採ってくれると良いんだけど・・
月27日
 津在住の3人で草引きをしてくれたそうです。ありがとうございました。
その時の報告です。
トウモロコシは花が咲き、実をつけていました。ジャガイモは、あまり大きくなっていませんでした。ナスは、花がたくさん咲いていたので、沢山なりそうな気配です。タイミング良くだれかが収穫をしてくれると良いんだけど・・・・。 生姜は、少し芽が出てきており、里芋は小さな葉が出ていました。
トウモロコシ未来 小さなジャガイモ 生育の良いなす
草引き 草引き
6月10日
 9時〜10時半ごろまで草取りと植え付けを行ないました。今回の生姜と小芋の植え付けは、生ごみ堆肥を置いた畝と置かない畝に分けて植えました。
できばえをしっかり比較したいと思います。
とうもろこしは花が咲き始めていました。ジャガイモは成長が悪く、土かけをしましたが、もう育たないようです。今月末に引くことにしました。
生姜の植え付け 小芋の植え付け 上手く育たなかったジャガイモ
肥料の鍬込み ジャガイモの土かけ 夏野菜の成長の様子
大垣マイスターによる指導
5月20日
 連日の雨により、土が軟らかく、草引きには格好のお天気でした。5日に大垣さんが植えてくれていたナス2本、白ナス1本、ピーマン2本、とうもろこし5本、、皆で植えたジャガイモも元気でした。間引きがうまく出来なかったためなのか小さいままの人参、植え付けが遅かったのか、天候のせいなのか、大きくなれない玉ねぎも引いてしまいました。玉ねぎの葉は、病気なのか先の方が腐りかけていました。同じように菜園を作っておられる方の玉ねぎも同様でした。施肥した畝と、施肥しなかった畝の比較をと大垣さんが区別をしてくれていたのに、皆が忘れてしまってわからなくなってしまいました。肥料を置いた玉ねぎの方が少し大きかったでしょうか(径2cmと4cm位の差)。 人参と玉ねぎの後には、しょうが,サトイモ、ヤーコンなど手間のかからない作物が候補に挙がっています。
私達が借りている菜園近くの人が、いろいろと話しかけてきてくれました。沢山の人数が来ているわりに借りている畑が狭いし、どういう人が借りているのか不思議に思っていたそうです。最近は野菜泥棒が出没するとかで嘆いておられました。私達の連絡場所に・・・と会長が名刺を渡して下さっていました。その人が作ったご自慢の牛蒡をいただきました。 農園で交流ができたことがうれしかったです。
私の戴いた人参 玉ねぎの一部 菜園を作っているベテランの方に戴いた牛蒡
平成18年3月11日
 会員さんが時々畑を覗いて下さっているおかげで、維持管理が出来ているものの、春の雑草が出てきていました。シュバイツァーさんが植えてくれた玉ねぎは、大雨のせいで畝が消えそうになっていて、玉ねぎの苗も所々腐っていました。大根は全部引き、人参は間引きをしました。土の中で冬を越した小芋が二株ほど残っていました。津は温かいから残っていたとのこと・・・・伊賀に住む私のところの小芋は、土の中ではもたなかった。場所がないので大根を引いた後に石灰をまいてジャガイモを植えました。 
12月4日
 小雨の降る中、 肥料無しの畝と大垣さんが生ゴミから作ってくれた堆肥を入れた畝を作り、来日中のシュバイツアーさんが頑張って、玉ねぎの苗を植えてくれました。6月頃、味比べが出来そうで、楽しみです。植え付け後には土砂降りになり、とても寒かったです。
今井さんが先月収穫したサツマイモで、大学芋を作って持って来てくれました。雨の中で戴きましたが、とてもおいしかったです。
玉ねぎの苗を植え付けてくれているシュバイツアーさん 植え付けが終わって、これくらい大きくなるよってにっこり
11月5日
 今日は、農作業人数が少なくて、草引きもたいへんであっただろうと思います。最後のピーマン、サツマイモの収穫、大根と人参の間引きをしてくれたそうです。
会員の一言
 朝早くから草引きをしていただきありがとうございました。何もせず、収穫物をいただきました。すみません。ピーマンはやわらかくとても料理しやすかったです。大根は塩漬けに、人参は味噌和えに利用させていただきました。サツマイモはどのように料理しようかな。やっぱり焼き芋かな。
サツマイモの収穫 大きなサツマイモが獲れました モグラに食べられたサツマイモ
私の戴いたサツマイモ  間引きした一部の人参と大根 人参の葉についたキアゲハの幼虫
10月1日
大根、人参を間引きしましたが、前日先生が行ってくださいました。草取りと収穫をしました。穂じそ、ピーマン、抜き菜少々、立派なサツマイモがとれました。
前回、「実が一つもとれなかったね」と言いながら、白ナスを抜いてしまったけれど、隣の畑に差し上げた立派な白ナスに実が付きかけているのを見ながら、大垣さんは「この白ナスは、10月に収穫するのやった」と。   知りませんでした。
人参を間引いています 収穫 (サツマイモ、ピーマン、大根の間引き菜)
9月10日
 サツマイモ、ピーマンを残して、オクラ、モロヘイヤ、青じそ、ゴーヤの株上げをしました。ちょっとすっきりとなりました。オクラはたくさんなっていたのに、タイミング良く収穫が出来ないため、堅くなっていたので残念でした。
青じそも穂じそになる寸前でしたが、翌月までおいておくのは無理なので、あきらめました。
サツマイモの蔓を切っていたら、芋が顔を出したので、少し掘ってみたら小指ぐらいのが出来ていました。来月が楽しみです。株あげしたあとは、石灰を播いてしばらくおいておくのがいいらしいのですが、月1回の畑仕事ではそうも行かず、すぐに畝を作って、大根、人参を播きました。
収穫 発芽を楽しみに(大根、人参) 水も十分に
会員の一言
 今日、農園へ行きました。大根がかわいい双葉になってたくさん生えていましたので、2本立てにして間引いてきました。抜き菜は今夜の我が家のみそ汁の具になりました。美味しかったです。
人参は、まだ間引くには少しかわいそうだったのでそのままにしてきました。10月1日には、大根を1本にすると、人参の間引き、草取りが仕事になると思います。サツマイモが大きくなっているといいなぁ。
8月6日
さつまいもの蔓が茂り、しそ、ピーマン、モロヘイヤも大きくなり、日陰を作っているため、草取りは楽でした。しそ、ピーマン、ゴーヤ、モロヘイヤ、オクラ、キュウリの収穫がありました。オクラは一日で大きくなるとかで、食べ頃のオクラの他、巨大で種になりそうなオクラがあり、巨大で堅いものは残念ながら食べられませんでした。草取りと収穫は、おしゃべりしながら1時間ほどで終わりました。
7月9日
 大垣さんの的確な始動、熟練技の堤さんの技のもと、踏んではいけないところを踏んでしまいそうな私たちでしたが、草ぼうぼうの農園も見違えるようになりました。収穫された巨大キュウリを大垣レシピに従い、炒めて食べましたが、なかなか美味しい一品となりました
17年6月4日
 草を引き、土を耕して畝を4本作り、サツマイモ、モロヘイヤ、ゴーヤ、キュウリ、オクラ、小芋、ピーマン、青じそを植えました。
穴を掘り、堆肥を入れ、土を少しかぶせ、水を少し入れてすぐ野菜を植える。
サツマイモは、30センチメートル間隔でねかせるように植え付けました。
みんなで土を耕して 3坪借りて野菜を作ることになりました。
畝を4本作り、準備が出来ました。 収穫を楽しみに植え付けをしました。