トップページへ戻る     尾瀬    

ドイツ・スイス環境研修旅行(別名 健太郎ツアー)

東先生の研究室で研修テーマの基礎知識を勉強しました。

11月13日 7時なぎさ集合 
東ご夫妻が健太郎さんと一緒に来て下さいました。
“健太郎です”って、挨拶を…体格がよくて背が高くて……(でかっ)てきぱきとした態度におばさん達は、ぼー そして ほー
今回残念ながら都合で行かれなかった人に(今井さん・木田さん・石垣さん)先生と健太郎さんのツーショットを写メールで送りました。写メールの件名は“送るで〜”
先生は桟橋で船が出るまで心配そうに見送って下さいました。きっとご自分が10年前に苦労された事を思い出し、また息子があの苦労を…とか思ってはんにゃで……って民ちゃんと話していました。船の中では、あつの横に座ったのが最悪というか、健太郎さんに聞く事、聞く事…“いつ帰られたのですが?”“12日”“奥様とご一緒ですか?”“妻は働いています”あらー、奥様のお仕事は?”“キャビンアテンダントです”“あらー かっこいい”“外国線ですか?”“両方です”“あらー、新婚旅行は?”誰かが先に聞いてあって、ポルトガルって言うていたよ〜“ セントレアに着いてキノッチに電話したら元気のいい弾んだ声が聞こえ、四日市トリオが待っていてくれました。


なぎさで

一路フランスへ……ドゴール空港での移動バスは、あらっぽい運転で“フランスのおっちゃん、もっと丁寧に運転してーや”って小声で文句を言う。 8時間の時差でフランクフルト着 

ドイツの電車
ドイツの電車は、ドアを開けるのにボタンを押さなければ戸は開かないし、電車は段差があってトランクを乗せるのに大変。みんなの荷物は14k〜17kぐらいの重さで、健太郎さんと大垣さんは荷物の上げ下ろしを引きうけてくれ、乗るときは“はい、渡して!次!”駅に到着したら“早よー降りてトランクを受け取って!もっと場所を空けて!”“はい!” 要領の得ない私達は、トランクの回りをうろうろ…また駅近くのホテルまで行くには、石畳を引いていかなければならない。荷物の重さと、引き難さと、健太郎さんの足の長さ違いで大変だった。ホテルに着いたらまた階段……絶句……


フランクフルト駅

プラットホームで


バイオガス施設で後ろ姿が寒そう

村瀬天出夫君のこと
健太郎さんと同じアメリカ・カリフォルニア州シーサイド高校で同級生だったとかでマンハイム在住、ハイデルベルグ大学に通っている人がバイオガス会社や観光に加わってくれました。“天出夫って星座みたい” って誰かが言ったら“父がオペラ好きで…”って…背が高くてスマートで、おばさんにやさしくって、かっこいいお兄さん…
 バイオガス会社見学の時は寒くて、ちょっとガタガタしているのをおばさんは見過ごさなかった。“これ あげる ポケットに入れとき ”ってカイロをそっと渡し、あくる日は、カイロを差し入れ、キノッチはお母さんの形見のしぼりの着物で作った巾着袋を彼にあげていた。ドイツの石畳を背の高い男はんが巾着持って歩くって、かっこよかったわ〜。


ネッカー川で


マンハイムの駅で


薄暗くなり迎えを待っているところ

天出夫君とも別れいよいよイーリンゲンへ……

電車を乗り継ぎ夕方駅にようやく到着したら、シュバちゃんが来ていない……
どないなっているん、あたりは薄暗くなってくるし…健太郎さんがシュバちゃん家へ電話してくれたら、シュバちゃんはサプライズを狙って、フランクフルトまで迎えに行ってくれたとか、会えなかったよ〜
ようやく息子の奥さんが車で迎えに来てくれて、やれやれ……ところがトランクを乗せると、座席に座る余裕がなくて、私達数名は歩いてシュバ邸へ…お腹はグーあたりは暗い……
歩きながら、“道が舗装されている”“このあたり覚えている”とか“この辺から真っ直ぐやー”とかわいわい言いながら、ようやく村外れにあるシュバちゃん家へ着きました。
農家民泊は3部屋ありオレモネという名前の部屋へ3人、アネモネの部屋へ4人宿泊。荷物を整理しているところへ、懐かしいシュバちゃんが顔を見せてくれました。ドイツ語と日本語でワーワーキャーキャー再会を喜び合い、“さと子は覚えている?”“オー サトコ トバ”“弘美は?”“オー ヒロミ”ちゃんと覚えてくれていたよ。あれだけ御世話になったんだもんね 胸に手を当てて懐かしそうな顔していたよ〜
夕食は、借りてくれたワゴン車に乗ってシュバちゃんお勧めのレストランへ直行。シュバちゃんのこだわりか、メニューを見て、健太郎さんそして店の人を交えて何か話をしている。健太郎さん曰く“シュバちゃんは店の人に“日本では14種類ぐらいの小皿にいろいろと出るので、何種類かを取って皆で食べる” と説明しているって。ワインもシュバちゃんお勧めを注文して、再会を祝って乾杯! ワインを飲んでシュバちゃんは、赤い顔、”車を運転してもらうのに…”って言ったら、”大丈夫”、ってウインクするシュバちゃん。ほろ酔い気分で、“僕は女友達があっちこっちに沢山いるって言っている…”って笑いながら通訳をしてくれる健太郎さん、でも通訳に困る事を言っていそうなことも…おばさんはそういうことには、敏感でーす。
 最初2晩のホテルもそうだったけど、ドイツのツインはくっついています。イーリンゲンの夜は冷えて寒そうなので、毛布を1枚と寝袋を1枚借りました。毛布を横にひいて二人が寝られて丁度よかった。私は、インナーの上にフリースのジャンバーを着て、その上に借りた寝袋みたいなのを乗せました。民ちゃんは、“私、肉布団がついているから、いいに……”って……ゴメンね、ありがとうね。ヒーターは夜半に切れてしまうし、夜中のトイレは寒かったよ……トイレットペーパーは、2重になっていてるけど模様が打ちこんであり、手繰り方によっては裏になって……(>o<”)痛い。皆にトイレットペーパーの手繰り方を聞いたけど、“あれっ、こうかな? 逆かな?”って…どっちやねん。日本のトイレは、おしりにやさしいことを実感、トイレホームシックに…


息子さんの居間で再会を祝って

息子さん経営の農家民泊

結婚式の写真を見せていただく

宿泊部屋

ユーリーとママ


丘の上のレストラン
ドイツでは朝食用にパンを買って来るとかで、街から帰って来たシュバちゃんとgoodmorning
民宿の周りには、りんごの木が一面、遥か丘の上の方はぶどう畑、道路の向こうは、とうもろこし収穫後の畑、自転車に乗って学校に通う子供達、静かなゆっくりとした空気が流れていました。
ユーリーというシュバちゃんの孫がかわいくて、“オッパ”ってシュバちゃんのことを呼ぶから、あれー 韓国じゃあるまいし、オッパって…って思ったら、ドイツ語でおじいちゃん だって。私は韓国ドラマの見過ぎで、散々オッパを聞いたから、ニッとしてしまった。お昼は丘の上のレストランへ…… 皆が“ここやったー、もう一度来られた事に感激! 10年前、誰かがこの坂を走って降りたよなー” って、 誰や?ここでもシュバちゃんが好きなスープを戴きました。コンソメスープに素麺を入れたような……おいしかった。

レストランでシュバちゃんご機嫌

レストランの入り口

素麺のようなスープ
薄いコンソメスープ味
フライブルグでは、観光を楽しんだ。キノッチはトランクのチャックが壊れたとかで三田さんは重いとかでトランクを購入。駐車場で荷物を入れ替え、壊れたトランクはシュバちゃんが持って帰ってくれることになった。チャックを直して使うんだとか、シュバちゃんは器用だから上手く直すと思う。 フライブルグからインターラーゲンへ移動の為にエレベーターに乗り込んだ。“降りたところで待っていてください” “はーい“ボタンを押してドアが開いたら、健太郎さんの顔が、”あれっ、どうしたんですか?“ ”ボタンを押し間違えたんです、では…“  大笑いでした。
大急ぎで入れ替えをしているお二人さん

インターラーゲンへ向かう列車は、座席が2号車と6号車に別れてしまった。2号車の方にはシュバちゃんが一緒に行ってくれて、2時10分発に乗せてくれることになった。2時5分にインターラーゲン行きの列車が来て、“この次のインターラーゲン行きに乗るんです””はい” 5分発の列車が出た後、プラットホームを見たら、2号車に乗る仲間がいない、シュバちゃんが乗せ間違えてしまった…えらいこっちゃ。行き先が同じで時間帯も良く似ていたから、間違えてしまったようだった。健太郎さんが“どうしよう“って言ったら、シュバちゃんが”気にするな“って…“気にしますよねー“ っておっとりと… ”車掌さんに先の電車に連絡をしてくれるようにお願いしたら”4人の日本人が捕獲されている“って言っている。バーゼル駅で下ろしてもらうように手配しました”“大垣さんの携帯をONにしてもらうように車掌さんに言って!“ ”そうですねー はい“ まだまだ若いぞ健太郎!(ほんまに 若いけど…)誰かが小声で”しっかりせー 健太郎“ (誰かやって…こんなん言うの民ちゃんとあつしかいないわ)先発組は……検札が来て“6号車でキップを持っている”と言って6号車に行ったら、6号車が無かったので、それで乗り間違えた事に気がついたらしい。横に乗っていた音大生がとても親切で、次の停車駅を教えてくれたので、乗り換えようと相談していた、楽しかったよ〜“って言葉を聞いて、ほっ。それにしてもシュバめー …健太郎さんに、“無事に会えました ってメールしておいて” って言ったら、“シュバちゃんは、もう忘れているかも…”って、そんな…


車窓から

ユングフラウヨッホの観光あたりになると健太郎さんの髭もだいぶ延びてきたような…ここでは日本人らしき観光客に対向列車で会い、電車の曇った窓に“日本人?”って書くと対向列車から手で○が、JTBツアー? ○  おばさんは、どこでも楽しめます。粉雪が散らつく頂上に着くと足は重いし、ゆっくりとしか歩けない。健太郎さんの顔も冴えない、皆 動作が鈍く感じられる中で一人元気な大垣さん。マラソンをしているからかな?トイレに行ったままなかなか帰ってこない仲間をキノッチが探しに行った。帰って来たキノッチの顔を見たらただ事ではない、とてもしんどそう。空気が薄い中を歩き回ったから、可哀想に脂汗をにじませていた。高山病って怖い。二人を除いて他の者はお昼もぺろっと平らげ、動作はゆっくりでも皆元気。 外に出たら粉雪が舞い、脚の下から風が吹き上げてくる、その中で庄司ママはオーモーレツ!下りの電車の中では健太郎さんが、爆睡。


爆睡中

オー モ-レツ!

車窓から

氷柱

そろそろ疲れもピークに、夕食はアジアンレストランヘ。旅行中、健太郎さんは、“わがまま歩き”の本を見ながらお勧めレストランへ連れて行ってくれました。旅行終盤になって、中華とは気が利くわ。中華料理店では、人数の割りに注文する料理が少ないので店の人がお勧めに来る。“もっと 取った方がいいの?“ ”いいや、食べられないのを取ってももったいないから、チップを多い目に払います“ なーるほど…みんな疲れていたのか、ビール・ジュースでお腹が膨れたのか、食事は少ない目、サラダの残りは民ちゃんが、残りの焼き飯は健太郎さんの所へ、店の人に何やら言っている、醤油かな?と思ったらやっぱり醤油が出てきた。それを焼き飯にかけて、“こーゆーのって食べたくありません? お味噌とか…・”って、日本男児だわ。レストランからの帰り庄司さんが健太郎さんの“そこ”は遠いわね “って、同感。でもスイスの夜空を見ながら、街灯のデザインのスマートさに感心し、歩道の薄暗さに目を凝らし、ウインドーを眺め、“あれー こんな所にも大人のお店があるんや、どこでもあるんやねー”っておばさんは興味津々。
 インターラーゲンを出るとき、駅でかわいい赤ちゃんを抱いた人が“日本人の方ですね”って声をかけてくれた。インターラーゲン在住の日本人でした。“どうして日本人ってわかったのですか”“日本人の持つトランクは4つゴマにベルトがかかっています。韓国
,中国の人は、2つゴマにベルトはかかっていないのでわかるのです”って。お国柄なのねー そんな見方があったとは知らなかった。

 


レストランへ

旅行最後の夜に乾杯


ドゴール空港内

ドゴール空港でのこと
飛行機での移動だとドイツで買った品物の免税手続きは空港で出来るが、電車の移動であったので出来なかった。ドゴール空港で免税手続きが出来るかもと、広い空港内を庄司さんは買ったトランクを持って歩き、大垣さん、上村もドイツで書いてもらった書類を持ってついて行ったが手続きが上手くいかなかった。係りの人は、帰国してから横浜の会社に書類を送るようにと説明をしてくれた。 皆の所へ戻るには、又一から手荷物検査に並ばなくてはならなかった。長蛇の列にもかかわらず検査官は一人、皆じーっと順番を待っている。そのうち歓声が上がったと思ったら背の高い健太郎さんもオーっと叫んで拳を上げている、検査官がもう一人入って来た為の喜びの表現でした。喜ぶ人と散々待たされ靴を脱いでの検査に怒り、靴を床にぶつける人も(靴が傷むよ〜)。外国の人の感情はストレートやなぁ と実感した一場面。
皆の待っているところへ帰って来てホッ、お腹がグー。“お腹空いたなァ…”“そうや、ええもん持っている” とモーニングのとき頂戴したチーズを出すと、民ちゃんも“私も持っとるにー”って、そのチーズをみんなで味わった。 おいしかったなぁ あのチーズ。

(誰かがトランクの重量を測るところに”ちょっと座ってみ、足も上げて” と言った。即 行動に移したのは誰?)


空港で係りの人が名前にもたつき
健太郎さんが手助けを
する

セントレアに着いたらキノッチのご主人がお出迎え。 “妻がお世話になりました”って。やさしいな〜、農家民泊では従兄弟同士で旦那のことを散々語り明かしたとか言っていたのに、ほんまやさしいお・さ・むさんでした。 キノッチ感謝しーや! もうしとるかー あ・うんの呼吸やねー。

残り組は、セントレアでおうどんを食べている間に2時のフェリーは出てしまい、電車で帰ることになった。
セントレアからの帰りの電車で健太郎さんは爆睡。近鉄特急に乗り換えても爆睡。 
津で降りた時に、あの大事なパソコンを特急列車置き忘れたとか、やれやれとお疲れがどっと出てしまったんやねー、だいぶ気を使わせたみたい、ごめんね 健太郎さん。でも大事なパソコンは、戻ってきたらしいので安心しました。これは庄司さんがお礼の電話をしてくれて今回の事がわかりました。旅のおちは健太郎さんでした。


キノッチ達もセントレアからの帰り、知多の美味しいうどん屋さんで温かい「えびおろしうどん」を食べたんだとか、やっぱりおうどんはいいよね。後日写真を送ってくれ、旅から帰ってうれしいと思った事 ・便座の温かさとウォシュレット ・部屋の明るさ ・テレビの画面のデッカサ と書かれていました。