表紙へ戻る                                

                             れんの会香道体験記            2010・8・31


まったく修練のない私達が、突然体験させていただく事となった「香道」

日本の伝統文化でありながら、触れる機会もなく過ごしてきましたが酷暑の8月晦日

に実現できました。

紹介者は、木下の友人南部まり子さん(彼女もお茶・お花の講師をしている)

場所は、まり子さんが師と仰ぐ出口ゆき子先生のお宅四日市近郊の閑静な住宅街に

あり、緑も多く素敵な外観、大正浪漫を感じるエントランスに迎えてくれたのは、和

服姿も正装のまり子さん
 和とモダンが調和した居間に案内され、白湯(程よい温

度でほのかな梅味)を出していただきました。

そのおもてなしは、迎えてくださる方のやさしさを十分に感じることの出来るもので

した。
燕の文様の渋い和服でにこやかに入ってこられた先生は、凛とした素敵な方

我が代表、庄司さんも麻の葉の文様の和服をしゃきっと着こなしてみえ、久しぶりに

素敵な日本女性達に出会わせていただいたような気がしました。

 
 

 

自己紹介の後お茶席へとお誘いをいただき、炉の切ってある8畳の和室と水屋を抜け、にじり戸

をくぐると
3畳の茶室茶花は芙蓉でしょうか、薄暗さの中にあるその清々しい白さはまるで異空

間へといざなってくれているようでした。

お茶を点ててくださった方は、先生のお弟子さんその隙の無い所作に見とれながらも、戸惑う

ことなく茶席をこなすみなさんは、いつもにもまして素敵でした

茶道具それぞれにある季節のはからいにも、おもてなしの極意を感じました

 
         

そして、居間に戻り昼食(鳥羽弁当)をいただく事となりました

お品書きに目を通し、2段のまげに入っている品の良いそのお弁当は、お弟子さんたちにも評判がよくヒット!

(鳥羽からエンヤこらさと、運んでくださったさと子さんに心より感謝)

       
 

隣りの和室へと案内され、いよいよ「香道」の体験出口先生より、先生は志野流であることや香道・香木の歴史、そして

本日体験する「源氏香」の話をお聞きしました。
日常とはかけ離れた雅な遠い世界とも思い、かすかな香りの中に物語を聴く

という素晴らしい日本の伝統文化を誇らしくも思える瞬間でした。

重ねられた硯を一つ一つ取りながら隣に送るにも作法があり、それらを丁寧に教えていただくうちに、所作や言葉に相手の事を

思いやる気持ちそして他から見ても快くきれいに見える所作であることが心に響きました。


香の聴き方の指導の後、香を点ててくださる方より「御安座」の言葉が送られ、楽な姿勢での「聞香」を許されるのですが、足

を崩したのは私ただ一人
次に、「出香」の言葉が送られ香炉が回され「源氏香」のゲームが始まりました。

五種類の香を聴き分けるのはとても難しいものでしたが、香を聴く先生の姿は凛として美しく、映画のワンシーンを見ている

ようでした。
一つ一つの香りを、どう表現したらいいのでしょう。ワインのソムリエならどう言葉で表すのでしょう。

とても私には表現する事の出来ない香りですが、何か懐かしいようなやさしい香りはとても快いものでした。


先生を除きトップの成績は、さと子さん今日の記録を記した書は彼女が戴くことになりました。

           
           
           
           
           
           
           
           

再度、茶席へとお誘いをいただき、また先程とは違った茶道具でのおもてなしに

日本に生まれた喜びを心より感じることが出来ました。


非日常との出会いに受けたカルチャーショックは、日常にこそ大切なものである

ことを思い起こさせてもらえる機会ともなりました。


「香道」体験については、まだまだ記する事はたくさんありますが間違えてとら

えている事も多々あろうかとも思います。

(さと子さんより)
どこかへタイムスリップしたのか 物語の世界にまぎれ込んだのか 異次元に入

ったような一日でした。
まさしく非日常それでいて、なんとなくその部分

は肌に馴染んでいると感じたり、親しみを覚える瞬間があったりもしました

私の中の、日本文化の端くれが引き出されたのでしょうか?