れんの会と伊賀環境問題研究会の交流会       平成18年7月8日

7月例会は名張で行ない、伊賀環境問題研究会と交流会をしました。その中で大垣順子さんが1月にベトナムに行った時の体験談をパワーポイントを使ってわかりやすく話してくれました。

<ベトナムの方が環境に優しいと思ったこと>

○ レストランの箸は、何回も削って使用している。

○ ダンボールのリサイクルは、女性(身分の低い)の仕事。毎夕集めてお金にする。

○ トイレットペーパーは日本製の物より幅が狭いが使用には問題ない。

○ テト(旧正月)の飾りには桃の花、小さな蜜柑の木が鉢植えで室内外を問わず置かれていた

  切り花のようにごみにならず、あとで地面に植える。

○(車ではなく)バイク王国であった。

<気になった日常生活の改善すべき問題点>

貯め池では野菜を洗うし、また洗濯もしている。水草が茂っている為そっと除けての洗い物である。水の色は灰色。

○生活排水は垂れ流しで、汚泥が積もり異臭もする。

○町の中にある木の根元にはゴミ袋が大量に詰まれている。

○生ゴミは収集車が来るまで袋に入れて木の枝につるしてある。 犬、猫、カラス避けらしい。

○道路でごみを焼いている。(野焼き)かさは減るがプラスチックごみも燃やすので問題があると思った。灰は片付けてある。

清掃(収集)車は毎夕方収集している。ごみは分別していない。手押し車で結構重い。

生ごみの堆肥化に興味深大であった。

プレゼントは、幾重にも包装されていた。


<ワークショップの報告>

 市長はじめ50人くらいが集まり、熱心に聞いていた。ワークショップでは問題点の洗い出しと日本の事例紹介をした。ここで皆の飲んだお茶には陶器のカップソーサーが使われており、紙コップや、ペットボトルのお茶ではなかった。

○問題点は  ・分別が必要なこと

       ・生活排水が汚い

       ・ごみの質の変化への対応に遅れが見られる。(プラスチックごみの増加)

○日本の事例紹介 ・お買い物袋に興味

廃物利用体験(灰食油による石けんづくり)


 

また、伊賀環境問題研究会の倉田さんから、イタリアのごみや環境への配慮について報告がありました。

 

○ごみの細かい分別が行われていないこと。(粗大ごみとその他のごみ)

○生ごみの堆肥化は行われているが、分別していないため、最後に篩をかけていること。

○湿度が低いためかごみの臭いはしなかった。

○法律で、アイドリングストップが決まっている事がよいと思った。

 

表紙へ戻る      見学会、講演会