見学会、講演会

「桑名市リサイクル推進施設 クルクル工房」 見学報告 

        特定非営利活動法人 “輪”リサイクル思考 代表 桑名英美さん

(1)       クルクル工房設立の経過

     約5年前、市一般廃棄物対策課に熱心な職員があり、公募により環境問題に取り組んでいる市民活動団体 や個人(20人余り)が集まった。2〜3ヶ月に1回集まり情報交換等を行ったが、この委員会のメンバーが“クルクル工房”設立の母体となる。
    H13年、団体を立ちあげる。はじめの1年は、全くのボランティアで、土曜、日曜のみ活動。
    H14年、桑名市に活動が認められて、NPO法人を設立し、市の依託運営を始める。今年度、3年目の依託契約を交わす。
    2年目、国から1億円の補助を受け、官民共同施設を設立。桑名市は、土地、備品等を負担。

(2)       運営
    毎、水、木、金、土、日曜AM9時〜PM4時まで開設。
    水、木、金曜で約400〜500名の市民が来場。土、日曜日は、約1000人を超える。
    15年度の来場者数125,000人。
    8種、23品目を回収。(電池、蛍光灯、紙、8品目他…資料参考)
    毎日4時頃、北勢商事が回収し、リサイクル業者に持って行く。
    桑名市のその他の資源ごみの回収は、月1回の市の回収と約6ヶ所のスーパー等の店舗と

子ども会の回収。
         資源ごみの回収と、リユースショップの運営が一番大きな活動。
         資源物1600t回収し、業者へ販売する。数百万の利益となる。
         リユースショップでは、700万円〜800万円の収益がある。
         事業収益は、市のリサイクル基金に入金。(年間1、000万円)
         運営資金は、市からの依託契約金(年間700万円)と正会員の会費(6,000/人)。 
         施設管理費は、市が負担。
         約60名の人がシフトを組んで活動する。その中で正会員は、44名。

活動報酬は、1日2,700円。
         7名の指導員が、コンポストマイスターの資格を修得し、そのノウハウをこの施設で生かしている。
         書籍、ビデオは運営費で購入、貸し出しもしている。
         公民館等で(月2〜3回)講演会を持ち参加者を募集する。(講師料は3割を運営資金へ)

(3)       活動 (資料―「“輪”リサイクル思考はこんな活動をしています」による。)
    「技の達人会」の方6〜7が、第2土、日曜におもちゃの修理等をする。
    「リフォームの会」では、月2回、主に衣類をリユース、リフォームする。
    「生ごみ堆肥化、農園づくり」では、衣装ケースで一次処理された生ごみ(現在600世帯ほど)を二次処理する。 衣装ケース及び床材を各自購入。(500円自己負担)出来上がった堆肥は、一人7kgくらいを市民(生ごみを持って来た人を中心に)に無料配布。また、このセンターで野菜作りに使っている。
    「環境学習活動」は、冬休み、夏休み中心に子供たちが対象。(川や山へ、キャンプ等)       小学校約20校が、4年生から総合学習の授業でセンターに来る。中学校にも広がっていく。   講師派遣もする。

(4)       その他 (質問も含む)
    同じような施設は、全国的には、行政直営が多く、NPOの運営している所は、岡山、東京北区と桑名の3施設。(岡山では、リユース品の収益はNPOに寄付されている)
    会員の年齢は、最高83歳、60歳以上が2/3、40歳代のお母さんが1/3
    自分達で作って売った物も、この工房の利益になる。

(5)       課題
    「生ごみ堆肥化、農園づくり」の今年度の目標は、新しく1,000世帯。しかし、一次処理した生ごみを持参するのが大変。
    500自治会の中でモデル地区を作り、集中的な堆肥化を検討し桑名市全域に広めていきたい。 (500〜1,000世帯で出来る堆肥工場の計画づくりを市に要請している)
    NPOによる運営方法は、自発的な事業計画ができることであるが、市との調整が必要。

 

(6)       感想
    「担当者の(市)熱意が関係する。担当者によりやり方が変わることもあり、行政とNPOの関係のむつかしさを感じる。」という桑名さんの言葉に、運営のご苦労を感じた。
    市の中心部にこのような施設があるのは利用しやすい。
    利用者にリサイクル、リユースの仕組みと意義の分かりやすい施設。
    MPOによるきめ細かい運営のためか、利用者側にたった運営が感じられた。
    高齢者の生きがい対策として評価できる。
    桑名市には現在市民農園は無いが、多度町は行政による市民農園がある。桑名市での市民農園を広げ、堆肥の利用が出来ないか?