マイカップのつどい      2009・1・24
              



環境・生きがい・子育てなど、どのテーブルも地域の連携の大切さを感じました
生きがいづくりのテーブルで、地域でボランティアなどをして役に立っていたいという声があり、別の
テーブルでは女性が仕事を続けるための子育て支援のあり方を考えているテーブルあり、子育ての
テーブルでも支援のあり方としての地域のあり方が話し合われていました。
どのテーブルも核となるのは「地域」であり、人や資源を繋ぐ中間支援的なものがあれば、すべてが 
つながっていきそうなことが分かりました。
そういったことにも気がつくことが出来るためにも、ジャンルの違ういろんな団体や個人が集う機会 
が一つでも多くあればと思います。

              
みなさんそれぞれに、「地域」の力が無くなってきている事を感じて見えました。
「地域」の人も含めての資源を繋げるシステムが早急にいるなあ〜と感じました。
元気な高齢者や、団塊の世代がきっと何かやりたいと思っている。
経済力悪化のこれからの課題は「地域力」の再生だと感じました。  

表紙へ戻る