「NPOなごや生ごみリサイクルの会」(港区)見学記録
                                  2003年8月21日
     表紙へ戻る  生ごみ再利用のページへ戻る
 見学会は東先生と会員の計7名の参加で行われました。トマトの会(NPOなごや生ごみリサイクルの会の前身で、生ごみの有機肥料化に実働している。会員数600世帯)の管理する生ごみ処理機を見学し、管理人の話を聞きました。また、再生された有機肥料を利用して育てられている市民菜園を見学し、話を聞きました。
生ごみ処理機の設置
 平成10年に「トマトの会」を発足し、生ごみの堆肥化に取り組んだ。
 最初の指導は白山町の橋本力男さんにしてもらった。
 菜園を作るに当たって、説得しやすい地域から始めた。
 電動生ごみ処理機(グリーンポート)一機に月30から40世帯の生ごみを投入している。(一機あたり50から60世帯の処理能力)
 処理機を設置する建物はNPOなごや生ごみリサイクルの会が提供しても、一機の設置につき100万円ぐらい(処理機70万円、各世帯に1500円の水切りバケツ、ポリ容器500円など)の費用が必要であり、持ち出しで出発したが、名古屋市のコンポスト補助(5万円以下はコンポスト価格の半額)の利用ができることになり、一機につき、75万円(25000かける30)の補助を受けることができた。
 最初は処理機3台であったが、現在18箇所に設置され、約500世帯の生ごみのリサイクルをしている。
生ごみ処理機の管理と一次発酵物の回収
 投入量を管理するため、各家庭から出た生ごみは、重さを記録してから投入されている。
 一次発酵したものの書き出し作業をなくし、回収能率を上げるため、発行したものが自然に外に出るように処理機の後ろに穴を開け、回収箱で受けるなどの工夫をした。
 各処理機には管理者が決められており、機械の中の生ごみの状態を見て水分が多ければチップを入れたり、回収箱がいっぱいになると空の回収箱と入れ替えたりするなど、責任を持って管理されている。
 一次発酵したものは、月に2回、5人で集めているが、回収箱の工夫により18箇所を半日ぐらいで回れる。
二次発酵
 鳴海の焼却場の一部に堆積し、1週間に2回か3回切り返しをし、二次発酵させている。
菜園と再生肥料の利用
 できあがった肥料は、菜園の一部に保管し、菜園使用者が自由に利用している。
 このような菜園が、3箇所あり、菜園の管理者を一人ずつおいている。
 できた肥料の7から8割ぐらいを菜園で使用し、年2回生ごみを出してくれた人のところ(生ごみ処理機を設置したところ)に袋詰め(一袋10キログラム)にして配っている。
 市民菜園の土地は個人から借りており、利用料金は、5坪年間9000円、水道代無料。利用期間は、3月から翌年2月まで。3月1日から31日まで空きにするが、ほとんどの利用者が更新している。
 苗は橋本農園
その他
 平成11年に消防署、市役所、学校、交通局に設置したコンポストを引き受ける。
 平成12年、NPO法人「なごや生ごみリサイクルの会」が認証され、名古屋市の生ごみの堆肥化事業のモデルを引き受けるなど活動を広げてきている。最近は若干の日当(5000円)が支払える経済状況となった。
 生ごみ処理に適しないものは乾燥型の機械(ドライフーズになり、ねずみ、もぐらが増える)で乾燥したもの。
 衣装ケースはいろいろな品質があり半年持たないものもある。ここでは植木鉢を薦めている。
電動生ごみ処理機
設置場所
電動生ごみ処理機
(グリーンポート)
一次発酵物を回収箱で
受けている
一次発酵物を
保管している
浴槽を利用した貯水槽 市民菜園 再生堆肥が使われている
表紙へ戻る   生ごみの再利用のページへ戻る