環境教育 ドイツホームステイ ゴミの分別 リサイクル 利用生ごみの利用 講演会・見学会 いろいろなゴミ箱 れんの会農園日記 れんの会の紹介
表紙へ戻る
生ごみの再利用
 有機物の一番簡単な再利用は堆肥化し、自然に返すことです。ドイツやデンマークでは家庭の庭先のコンポストや大規模なゴミ処理施設で堆肥化し、利用しています。
ドイツ ケルン市
 1992年に有機物のゴミ分別収集を開始しました。モデル地区として2区にバイオ容器を配布。その後容器を配る地区を増やし、現在では3分の2で利用されています。(1998年10月)
低温発酵コンポストセンター
 ここのコンポスト装置は、5万トンの容量があります。家庭からの生ごみに加え、食品業者からのゴミ、市の公園や基地から出る植物や木や草を処理しています。
 また、家庭から出るゴミは窒素分が多く含まれているので、他の植物と混ぜて窒素の量を少なくしています。
 また、調味料が入ると良質の堆肥にならないので調理する前の生ごみを集めています。調味料の入った生ごみは燃やすか埋めています。
堆肥化の行程
 1 回収されたそれぞれのゴミを適量の割合で混合する。
 2 ミックスシュレッダーを通り、ふるいにかけ、ゴミの大小を分別する。
 3 培養室にて水と酸素を加えて自然発酵(70度)させる。
 4 攪拌し、8週間から10週間で完成する。
 5 脱臭に使った古いチップ剤は2年で入れ替え焼却される。
    特に微生物は添加しない。
コンポストセンター内(1998年10月) コンポストセンター内(1998年10月)
イーリンゲン村集積所
 ワイン生産農業の村、イーリンゲン村では引き取った木々を野積みし、自然に腐らせ時々土と混ぜ合わせ、堆肥にします。内部温度が80度以上にならないように何回も水をかけたり、攪拌して60から70度に保ち、大きな枝は機械で細かくし、ひっくり返して積み替える作業をくり返し作っています。作った堆肥はブドウ畑などに使われています。
一定の場所に野積みし、自然に腐らせ、時々土と混ぜる。 堆肥の出来上がり。(1998年10月)
 有機ゴミが有料であるハイデルベルグでは、家庭用簡易コンポストを無償供与、あるいは14,000円まで補助した結果、1995年までに3,000個普及しました。(人口13万人)。同市ではあと500個のコンポスターの普及とそれによる200トンの有機ゴミの減少を目的にしています。
 有機ゴミ容器を使わないと3,500円割り引く仕組みを取っているエアランゲンでは、すでに2,800個普及しています。(人口10万人)
家庭用コンポスト(1998年10月)
岐阜県安八町
 安八町は、濃尾平野の西北部に位置し、平坦で細長い地域です。
 昭和51年9月の水害による暗いイメージをなくすために大企業の誘致を図り、「緑の田園工業都市」をめざした町民総参加のまちづくりを進めています。
 家庭から出た生ごみを堆肥か処理したもの(電動処理機普及率は全国でも有数)と土に埋めて堆肥にしたものを利用し、地域の人たちによる花壇づくりを奨励しています。
 平成9年には「花の都ぎふ」花飾りコンクールにおいて入賞しています。
地域で管理している道路沿いの花壇(2001年5月)
名古屋ゴミリサイクルの会見学記録のページへ
このページのトップへ戻る       表紙へ戻る