あこがれの尾瀬へ「いったどお〜!」

長年、一度は行ってみたいと思っていたのにも関らずチャンスに恵まれなかったあこがれの尾瀬。今井さんの何気ない一言「尾瀬へ行こうと思っているんだわ・・」に、その場にいた全員が反応し「行きたい!」で、庄司・上村・木田・堤・今井・木下(年齢順)の6名で尾瀬行きが決定!
日程は、529日(木)〜31日(土)堤さんに関しては、4月末の検査入院の日を前にしての決心。(5月はじめに退院し、10日の「れんの会・10周年記念」には、前にもまして元気一杯で一安心)初めて山歩き企画に参加される方にお勧めです」のチラシの言葉に不安など無かったのに、次々と入ってくる情報に振り回され始めたメールのやりとり。一抹の不安を抱きながら本格的(?)な、山歩きの準備。(準備物に、非常食とあり「えっ」と思っているのに、今井氏は方位磁石にコンパスにナイフまで・・・どこで遭難するんじゃい!)でも、北海道で方向が分からなくなったメンバーです。いつもながらの楽しい旅の予感!

1日目
私は桑名での乗車なのでゆったり時間。木田さんは私よりも2時間も早い出発であったにも関わらず、私が乗車するや否や、頑張らねばならないからとローヤルゼリーをまず3粒飲ませてくださり、食べやすく切った果物まで準備していただいてあった。感謝!バスの中では生協の方が、昨年同じ頃に行った尾瀬で撮ったビデオを流しながら、何度訪れても感動する素晴らしい尾瀬の姿を繰り返し伝えてくれました。
あこがれの尾瀬に向かっていることを実感しながら、おしゃべりも楽しくて長距離移動もまったく苦になりませんでした。
1時間おきくらいのトイレ休憩に「犬のマーキング」とは、あつ姉さん。午後430分頃、予定通り「吹割の滝」に到着!(東洋のナイアガラとも言われ、日本の滝百選にも選ばれている吹割(ふきわれ)の滝は、群馬県沼田市の吹割渓谷にあります。)どんよりとした空ではありましたが、雨に降られることも無く見学することが出来ました。
ガイドさんのバスの中での説明で想像していたよりも、はるかにスケールの大きな滝であり、ものすごい水量がどうどうと音をたて岩の割れ目に
流れ込む様は圧巻でした。
「白線から中に入らないで下さい!」の注意があったのですが、滝を覗き込む庄司さん。「庄司さん、そこは白線の中!」に、「あらっ、見えなかった・・・」音を聞いているだけでもビビッテいる私とは大違いの好奇心!素晴らしい渓谷美の中を散策し、売店で栗羊羹を購入。(旅館でのおやつとか)いざ、戸倉温泉竜宮旅館へ
おいしくヘルシーな夕食を堪能してから入浴。(温泉だったあ〜、つるつるやあ〜)部屋では、入院して夫婦の愛が深まった民ちゃんの話に少々あきれながら明日の準備。腕時計につけるタイプの方位磁石を買い、うれしそうに自慢する今井氏は「こ・ど・も」出会った時より、可愛くなって来ているのが不思議・・・「あっ、もらったローヤルゼリーが見つからん」あつ姉は、しっかり者やと思っていたのに・・・「みんなに配ってしまわんと私が管理して、その都度渡せばよかった」と、さと子さん。このメンバーでの旅の未来が見えてきた。)
その後、さと子さんを講師に全員でゆる体操をしてから布団に入る。
午後9時消燈「寝れやん」「こんな時間に寝たこと無い」「新婚旅行以来や」「そんなに早よ寝て、何しとったん」話は尽きず笑いも尽きずすると、トントンとノックする音が・・・「ごめんなさあ〜い」

2日目
530分起床・ローヤルゼリー・朝食・洗顔を済ませ、尾瀬戸倉を7時に出る。730分、鳩待峠到着(天候は小雨ありの曇り空)皆が初級コース(三条の滝コース・走行距離18.3キロ)を選択。いつも元気者の、あつ姉だけが入門コースにしようかと迷いに迷っている。私もベストコンディションではないから、あかんかったら一緒に途中でやめるからと説得し挑戦することとなった。ストレッチをしていざ出発!尾瀬への入り口は、靴の底の泥などを落として入るようにと、マットが敷かれていた。他の植物の種などが侵入しないようにとの配慮である。コース説明では「鳩待峠から山の鼻まではゆるやかな下り」とあったような気がしたが、「どこが、ゆるやかやねん!」延々と続く3.3キロもの下り、それに階段の多いこと。膝はがくがく呼吸も荒く、やっとの思いで山の鼻に到着。此処が目的地ならばと、弱音が出てしまう。しかし、道の脇には「ユキザサ」「エンレイソウ」などの山野草、そして岩肌に咲く「ヤマシャクナゲ」などがそこかしこに見られ、これから出会う湿原の花々への期待感で心躍る!山の鼻ではトイレ休憩の時間だけですぐ出発。売店で、おいしそうにアイスを食べている人を横目に「帰りに食べようね!」と、次の目的地竜宮小屋へ。(なんて、可愛くて素敵な仲間)湿原の中をしばらく行くと、あこがれの水芭蕉の群生地が目に入りはじめた。うわあ〜っ!」と、思わず声が出る。木道を踏み外さぬようほとんど下を見ながら歩く私たちに、山のガイドさんは絶景のポイントごとに立ち止まり景色を堪能させてくれる。遠くに春霞のように見える木々、尾瀬の山々も淡い緑に染まり、湿原には白い水芭蕉と色鮮やかな黄色のリュウキンカ、そのコントラストの素晴らしい事。木道脇には「ショウジョウバカマ」「ミツガシワ」「ヒメシャクナゲ」「ヤチヤナギ」等が次々と目を楽しませてくれているのだが、延々と続く木道の行進に早くも疲労困憊。はるか向こうに竜宮小屋が見えてきたときには、重い荷物を降ろし昼食と休憩が出来ると「ほっ」とした。(山の鼻から竜宮小屋までの距離、4.4キロ。ここまで7.7キロ)到着予定時間が遅れたと言うことで竜宮小屋での昼食となったが、靴を脱ぎ宿泊部屋に入りメンバー水入らずの昼食。おにぎりと漬物がこんなに心を豊かにしてくれるのかと思うくらいの安堵感。(皆で何か食べる時には、いつも「おいしいね!」と、一番先にうれしそうに言ってくれる今井さん。「この笑顔は夫婦円満」とその度に思う)しかし、それはつかの間の幸せであった事をその後に起こる壮絶な自然と我が身との闘いが待っていた。(ジャジャジャ、ジャ〜ン)
さあっ、三条の滝に向けて出発木道を歩きはじめしばらくすると、まるで地平線が見えているかと思えるほど開けた草原のようなところがあった。何万年もかけて湿原の草が積み重なって出来たものだと言うが、尾瀬が自然の偉大な営みの中で原始的景観を守られてきたことを感じる。(湿原の水溜りに浮かぶ油のようなものは、その汚泥から出る豊かな栄養素。これが湿原の花々の栄養素になり、川に流れ、そして海に流れ、豊かな自然界の環境を形成している。)カッコウやシジュウガラにも歓迎してもらい「ヒメイチゲ」「キクザキイチゲ」など、久しぶりに出会った山野草に感動しながら赤田代で小休憩。(もう、へとへと・・・)だが、「ここまで来たら三条の滝へ」と、思った私は考えの甘さをイヤと言うほど味わうこととなった。山登りで「引き返す勇気」とよく言われるが、その意味がよ〜く分かった体験となった。急な岩場とそこに架けられた、とても親切とは言えない恐ろしい梯子や雪渓を下り、獣道のようなところをひたすら下りる。「滝に行くのになんでこんなに下りていくの?」に、庄司さんは平然と「イグアスの滝もどんどん下に下りていくのよ。」山道の1キロはなんと体力の要ることか、やっと「平滑の滝」に到着。岩にしがみつきながら恐る恐る見たその滝は、平坦の様に見えてしかしただ流れの急な川でもなく、その水量といい下に向かって流れる音といい、やはり滝そのものであった。思うように動かない足のまま、そこから三条の滝へ向かってまた1キロ!雪解けでぬかるんだところを転ばぬようにおり、木の根に足をかけ岩につかまりながらさらに下りる。「ドンだけ下りるんやあ〜」だが、声も出ない。(きっと思考回路も異常)しばらく行くと、今まで聞いたことも無いようなものすごい水の音が聞こえはじめ、三条の滝に到着したことを知る。三条の滝は、日本の名滝百選の中でも一番の水量とのこと。安心してみることが出来るように整備されているものの、あがる水しぶきやその高低差に、覗き込むのも怖いくらいの雄雄しさである。「感動!」しかし私の頭の中は、またあの道を帰らねばならない事への不安で一杯!(この状況ならいくらお金がかかっても、ヘリコプターで迎えに来てもらいたいと真剣に思った。)でも、自力で帰った!帰ることができた!庄司さんが「行けちゃったわ」と、さしたる疲れも感じられない様子に驚愕。庄司・木田は日頃のローヤルゼリーパワー、今井は週2回のテニス、堤は毎日1万歩、上村は?あんなに自信なさげだったのに一番元気!(私はこの時に思い出した。大学受験の時「もう、だめやわ。絶対すべってる」と泣きそうな友人を数日にわたって励ましていたら、受かったのは彼女で私が落っこちていた。あつは、これや!)
今日一日でなんと32千歩・・・まして、平坦な道ではないところをよくぞ生きて帰れたと思う。(少し、オーバー?しかし、竜宮小屋から三
条の滝の往復距離はなんと、
10.6キロ。今日一日で18.3キロ以上歩いた事になる。)こんな体験は「一生に一度、あるかなし!」だが、この体験をこのメンバーで出来たことが何よりうれしく生涯忘れられない思い出となった。竜宮小屋では歩くこともままならず、洋式トイレに座るのもやっとの状態。なのに、「あっ、ザゼンソウの写真を撮るのを忘れてた。」と木田・今井。ささっと階段を下り、小屋の前で咲くザゼンソウの花を、角度を変えながらの撮影。(私には、そんな気力は残っていなかった)
「お風呂は早く入らないと汚れてくるから」の事前情報は木田さんから・・・(そういう情報にいち早く行動するのはあつネエ、木田・今井と共にすばやく入浴を済ませ「はよ、今のうちに!」の指令)歯磨き粉はもちろん洗顔もお風呂も石鹸類は使用禁止。
尾瀬は、自然公園法の特別保護地区。文化財保護法による特別天然記念物に指定されており、枯れ葉1枚、枯れ枝1本でも拾うことが禁じられて
いる。湿原は、木道から一足も下りることを禁じられ、足を踏み外さぬよう慎重に歩かねばならない。
これくらいにして守られているこの尾瀬の自然だからこそ、小鳥たちも平気で人の近くでさえずっているのだろう。鶯はあまり人目につかない鳥だが、小屋の前の木で逃げる気配さえ見せずにさえずっていた。
その夜は、全員で真剣に「ゆる体操」11年のお付き合いで、また新発見あり。今井さんが、コリの位置を見つけほぐすのがすごく上手い事。職人並み!あつさんの体温が低いこと。(寝床の冷たさ・パッチ2枚にセーターなど着込む着込む)そして、庄司さんの美貌を保つだけでない鉄人ぶり。今夜も、午後9時消灯(本当に部屋の電気が消えてしまった)しかし、神経が高ぶっていたのか、疲れきっているはずが眠れずにおしゃべり。「トントントンッ」(また注意されてしまった。)兵役訓練のような二日間を無事終了。眠りにつくと、木道ばかりが夢の中に・・・




木道を歩く 尾瀬の自然を背景に

3日目
昨夜から降り始めた雨がやみそうに無い!雨に備えしっかりと身支度を整える。(100均の自転車の籠カバーなど、皆さんの創意工夫に敬服)食事を済ませ午前7時過ぎに小屋を出る。(竜宮小屋から鳩待峠まで、7.7キロ)あの道を帰らねばならないかと思うと、心は重く身も重く。今朝も入念なストレッチ(「いててっ」と上がる声に共感!)をし、雨の行軍は始まったが、目前に広がる雨の中の尾瀬の景色の素晴らしさに驚く。これを目当てに、写真を撮りに来る人がいるのが理解できる幽玄さであった。しかし、筋肉痛のまま重い身体での木道歩きは昨日よりも応えた。土曜日という事もあり、すれ違う人も多い。しんどさをこらえて、挨拶を交わす。(どんな時も愛想良しのメンバー)80キロもの荷物をしょって歩くボッカの方たちの、すれ違う度に見るその表情は、修行僧のようにも見えた。
そして、山の鼻を前にしんどさもピークを迎えた頃、昨日の入門コースの女性の山のガイドさんとすれ違った。彼女はいつの間にか戻り、また今朝出発したようだ。私たちを見つけると、笑顔でハイタッチをしてくれた。不思議と元気が沸いてきた。(欽ちゃんが沿道の人とのハイタッチが勇気となったと言っていたことを思い出した。そうなんだ!)山の鼻でトイレ休憩の後は、限界を迎えた体力でほとんど無言のまま階段を登り、鳩待峠が見えた時は、達成感で一杯だった。(朝から12千歩あるいたらしい)
山のガイドさんには、心から感謝。 「ありがとう!」シャトルバスで竜宮旅館に戻り、足を引きずりながら着替えを済ませ、すぐ帰りのバスに乗車。バスに戻ると、かいがいしく世話をしてくれるガイドさんの笑顔に心温まった。「竜宮旅館」は奥さんが、「竜宮小屋」はご主人がやってみえるとの事。「竜宮旅館」の女性にうれしいおもてなしは、奥さんがバスの中で食べるようにと用意して下さったまだ温かいパンをいただいた時に、より感じることが出来た。(感動のおいしさに、今井さんの「これ、おいひいね!」食べながら言うからこう聞こえるも聞けた)尾瀬を甘く見ていた反省はあるが、このメンバーだからこそ行ってくることが出来た事が何よりうれしく、みなさんへの感謝の気持ち一杯でこの文章を書いています。そして、ローヤルゼリーとゆる体操の効果は、翌日に疲れが残っていなかった事で証明する事が出来ました。人は生きている間に、たくさんの人と出会い、助けられ、感謝をし、そして心の幅が広がっていく事を、更に実感できる旅でもありました。数日後、「このメンバーなら、屋久島の縄文杉まで行けるぞ!」とひそかに思っている、懲りない木下です。