環境教育 ドイツホームステイ ゴミの分別 リサイクル 生ごみの利用 講演会・見学会 いろいろなゴミ箱 れんの会農園日記 れんの会の紹介
リサイクル
ドイツケルン
DSD関連会社プラスチック処理工場(民間会社)
DSD社とは、1991年「包装廃棄物の回避に関する政令」により、商品のメーカーにかわって包装ゴミのリサイクルの責任を負担することになった会社です。この処理工場では、1993年より古いプラスチックを年間8万トン処理し、石油に戻して新しいプラスチックを作っています。
1 処理方法 1 搬入受け入れ検査 前処理された廃プラスチック材は、密封型のサイロトラックで搬入され、検体のサンプリングが行われて、塩素、灰分、物理的特性に関する分析が行われます。
2 解重合プロセス 解重合プロセスでは、350から400度の温度で加熱が行われ、連鎖したポリマー分子が分解され、混合プラスチックが液化されます。塩素も80パーセントまで分解されます。
3 水素添加 解重合プロセスに水素添加法を組み合わせることで、資源の循環再利用可能になります。1トンの廃プラスチック剤から800キログラムの液状炭化水素、100キログラムのガス、100キログラムのビテューメンが生み出されます。
4 水素添加のオルタナティブ 廃プラスチック材は解重合プロセスが行われれば重油と類似の物理的科学的特性を有するようになり、有害な副成分の問題もほとんど無くなります。利用法として、高炉、ガス化、発電所があります。
5 人工石油 最終敵意は人口石油を取り出せます。(80パーセント)
2 採算性の問題 再生石油は純度が高く、普通のものより25パーセント価格が高く、20万トン処理できれば理想的です。
3 今後の方向 複合プラスチックを原料にしてガス化し、鉄鋼工場で重油を使わずエネルギー源とします。
純粋プラスチックは公園のベンチ、窓のサッシなどの建材として利用されます。
プラスチック工場(1998年10月) プラスチックの過程
FEBA建築廃材リサイクル施設
「公」(フライブルグ市)と「民間」(道路建設会社、砂利会社、アスファルト会社)の4社の出資で運営し、家の廃材、道路のアスファルト、コンクリート、レンガをリサイクルして市場に出しています。
1リサイクルの手順 1搬入 1日、1000トンが処理されています。トラックで持ち込んできた廃材は監視カメラで内容物を確認しています。
2粉砕 不燃物を取り除き、砂利、石などの新しい材料にします。
3チェック 大学で品質検査(直径10ミリ以下の小さい粒にし、水につけて不純物が溶け出すか、何が不純物か)をしてもらいます。
2品質向上の成果 混ざり物のない建築資材にするには、解体時の手順が大切ということで、市や道路公団がこの施設の商品を使っています。
建築廃材リサイクル施設(1998年10月)
フライブルグ クライダーラーガー(中古衣料仲介所)
1945年第2次世界大戦後にできた施設で、フライブルグ社会福祉連合に所属しています。利用者は、失業者やアルコール中毒者、外国人の占める割合が多く、社会援助を受けている人に20年前から衣料を提供しています。
 中古衣料は月に5トン持ち込まれ、3トンは利用されずに繊維にしてリサイクルされています。
 公益団体ではありますが、予算がないためブランド品は、中古店で販売しています。また、のみの市で市販の4分の1の値段で販売しています。
中古衣料仲介所(1998年10月)
自動車の解体(ドイツダイハツ)
他の会社で油を抜き、それぞれの部分に解体(ガラス、メタル、布、モーター)されます。重油の処理が一番困難なので、重油は燃やす材料に利用されています。車を放置して重油で土壌汚染すると罰金を取られます。高いときは1万マルク。
 1997年以降の自動車はリサイクル料が価格に入っており、歯医者にするときは買った店へ戻します。それぞれの部品に処理方法が記入されており、Tireの焼却は高温処理されています。
吹田市クルクルプラザ
 粉塵選別工場(1から3階)と資源リサイクルセンター(4から5階)からなり、平成4年10月から稼働しています。リサイクルを取り入れたことは、全国的にも早い方でした。
 粉塵選別工場では、大型複雑ゴミ、有害危険ゴミ、小型複雑ゴミ、資源ゴミ、燃焼ゴミの5種に分別処理しています。
 資源リサイクルセンターにはリサイクル促進の展示室や工房と四セイルリサイクル活動の場を常設しています。しかし、経営的には採算のとれるものではなく啓発活動の一環と言うことでした。
自転車の修理をしているところ
(2000年8月)
アルミ、スチール缶を分別しているところ ガラス工房での製品と製作現場
リサイクルプラザ衣浦衛生組合
 リサイクルショップ、再生修理家具展示コーナー、リサイクル活動室などからなり、「ゴミとして捨てるのはもったいない。誰かに有効に使ってほしい。」などの理由により、家具類、衣類、図書などの情報提供および、展示販売しています。
 不要品をリサイクルしたい人は、品物を持ち込み、自分で付けた値段で一定期間展示販売を依頼できます。
 再利用可能家具、電化製品MJ移転社などは簡単な修理をし、展示販売(月1回の入札方式)をしています。
リサイクルショップの再生修理展示コーナー
(2001年11月)
安城リサイクルプラザ
平成10年6月に建設されました。環境問題をクリアしたパーフェクトなシステムのリサイクルプラザです。
2003年ゴミ施設見学会(青山町・上野市)記録のページへ
このページのトップへ戻る      表紙へ戻る