表紙へ戻る    見学会、講演会    近江八幡見学会

                   日本まんなか共和国  男女共同参画フォーラム  2005 滋賀           平成17年11月26日 
 11月26日(土) 滋賀県立男女共同参画センター G-NETしが で行なわれた、「日本まんなか共和国 男女共同参画フォーラム 2005滋賀」 に参加しました。午前中、京都大学教授 橘木俊詔先生による「豊かで貧しい国 日本」という記念講演がありました。
午後は「れんの会」として企画参加した第4分科会「環境と男女共同参画 地域での男女のかかわりとは」サブタイトル「エコライフ、エコシティへの取り組み」に出席しました。
滋賀県東近江水環境自治協議会による音楽紙芝居「ヨシものがたり」のヨシ笛演奏で始まりました。岐阜県による10月のドイツ視察報告の後、れんの会は堤さんによる会の紹介、東先生とシュバイツアーさんによるドイツのグリーンツーリズムを紹介しました。引き続き福井県による「どんぐりの木で森づくり」の実践報告、滋賀県による西の湖の水辺の自然観察から見つけたもの、気づいたこと、多くの人に知ってほしいことなどの報告がありました。各県それぞれ趣向を凝らした発表スタイルでしたが、豊かな環境を保全し次世代に引き継いでいくことこそ私達の役目というメッセージが伝わってきました。
全体会では、第4分科会の総合まとめをれんの会木田さんが発表してくれました。
滋賀県東近江水環境自治協議会による
音楽紙芝居「ヨシものがたり」
    東先生通訳、シュバイツアーさんによる
        グリーンツーリズムの発表

福井県「どんぐりの木で森づくり」 全体会での様子

大役を果たして、夜は三重県のスタッフや、他の分科会参加者によるミーティングがありました。いつもの「れんの会」とは違い、少し緊張したミーティングでしたが、改めて、女性の活力を感じた時間でした。

表紙へ戻る        近江八幡見学会