海ほたるツアー      2007・9・16  pm8:00〜           

4万年前への旅は、ロマンあふれる未知の体験でした。
海の中へ「たも」を入れただけで反応し青白い光を放つ様は、川面を飛び交うほたるのよう。
仕掛けておいたビンの中にいた無数の微生物が光を放つ物体とは想像もつきませんでしたが、ケースに移し暗闇にしたとたんにケースごと青白く光り幻想的なショウが始まりました。
小さな「たも」ですくい上げると、光る液体だけがしずくになってこぼれる様はなんとも不思議で、その光の青白さは悲しげでまるで人魚の涙のようでした。
手や足元にも光の粒が・・・
ケースから海へ返すときには、花火のごとく広がり消えていきました。
4万年前から姿を変えず生きてきた微生物の拡大図を示しながら、説明をしてくれた「きくさん」こだわりの触覚は、酸素や栄養を取り入れる重要な役割を担っているところ。
さて「私は?」と考え、一本くらいなくなっても生命の存続には関りないが身体のバランスには用を足しているような足が好きだなと思いながら話を聞いていた。
いつの間にやら空にも無数の星たちが輝き、ロマンいっぱいの鳥羽の夜を堪能させていただきました。


手提げランタンの明かり

手提げランタン
                             表紙へ戻る            見学会、講演会ヘ戻る