表紙へ戻る

ゴミ施設見学会記録(青山町、上野市)
2003年9月29日
     
株式会社 M.C.S青山リサイクルプラザ(県の再生認定施設)
        青山町阿保445の1
 
造成工事、造園工事に伴う伐採木、剪定枝や除草工事から発生する竹、草等、あるいは、草木系の産業廃棄物や家庭より一般廃棄物を回収(衣装ケースを貸し出ししての巡回)(現在伊賀エリアで実施しているが、近辺でまとまった数があれば可能)、して堆肥化している。
 100パーセント天然素材堆肥、ピュアエコブラウン、ピュアエコグリーン、緑化基盤材、床下調湿炭、竹酢液に商品化している。もちろん、従来からの処理方法、破砕処理機により容量を圧縮(つぶし)、焼却(ダイオキシン、CO2の発生、焼却エネルギーロス、灰の処理(高度炭化処理装置)には、一層配慮がされていた。

 堆肥化について
  堆肥化を始めて、1年半から2年である。
  各家庭から回収した一次処理の生ごみは、そのままでは利用できない。2次処理が必要である。
    一次処理品10対米ぬか2対粘りのある土1。これを2次処理
 2次処理の目的
  1 病原菌、大腸菌等を消滅させる
  2 均一な良質の堆肥を作る
  3 水分が下がり、扱いやすくなる。
  4 ウジ虫も消えて養分になる。
 グリーンゴミは、費用をもらって処理している。(草は1立方メートルあたり3000円、木は4000円)
 家庭ゴミについては今のところ無料で回収している。それぞれ堆肥化している。

 ピュアエコグリーン(草)は6か月寝かす。(中核の温度は60度くらい)
 ピュアエコブラウン(木)や9か月から1年寝かす。
空気を入れ、栄養を除き、のり面工事の土壌改良材として用いる。
また、これら2点は、道の駅で三重県認定リサイクル製品として販売されている。
家庭生ごみ堆肥は個人向けには一袋50円で販売。

一般家庭より回収された衣装ケースの状況
薬が散布された柑橘類の皮、魚の骨、鶏の骨は分解しにくい。
給水、空気の配合を調整しつつ容積比は
   籾殻8対糠2対土(ぼかし、山の土でも良い)1対落ち葉(広葉樹の混ざり具合が多いほど良い)1で混ぜたものをストックしておく。(魚臭さの除去には松葉が効果あり)
貸し出した衣装ケースは無料。
蓋が飼い猫につぶされていたり、上部に風穴として明けられた通風口の網をネズミにかじられていた。
少人数家庭は、食品残渣も少ないことから貸し出し後半年間は可能。
業務用、食品廃棄物に関しては、親会社のダイエー工場が扱う。

土ぼかし
瓦谷さんから解体現場で出た壁土をもらう
おから、米ぬか、籾殻とその土壁を混合し発酵させる。(土の微生物は50度で活動)
回収された衣装ケース 攪拌した生ごみを取り出したところ グリーンゴミを破砕しているところ
会員の感想
 グリーンゴミを循環しているのに感心した。
 家庭ゴミの場合、何人かが集まらないと2次発酵ができないので、どこでも簡単にできるものではない。発酵場所が必要である。
 暑い時期の見学であったが、あまり臭わなかった。
上野市環境センター
    上野市治田3547番地の11
 当施設は、環境保全、清掃事業部門を持ち、水、土壌の検査分析も行う。屋外施設に広大な自然生態観察公園(ビオトープ)を有する。
上野市ほか4か町村環境衛生組合、さくらリサイクルセンター
    上野市治田3547番地の11
 平成14年12月より、上野市、阿山町、伊賀町、大山田村、島ヶ原村のゴミをRDF化している施設。従来はしらさきクリーンセンター(焼却炉)で焼却されていた。

センターでのヒヤリング
RDFは適切な管理ができれば問題ない。
多度の場合、密封したところに水をかけたことに因果関係が考えられる。(県企業庁の中間報告)
ゴミを搬入した者、水をかけた者、管理側の責任問題は司法の場にゆだねられる。
当施設最大で一日138トンまで可能。1日100トンの処理ができなければランニングコストがペイできない。
当施設の総工費は70億円。(国が4分の1補助。他は組合負担)
管理施工は財団法人三重県環境保全事業団
RDF化施設は県下に7箇所ある。
一日16時間運転。職員30数名で2交代。
ゴミ質(紙ゴミ、ガラス、台所で出るもののバランスがとれないので)が安定しないため、精製機にかける。
また、ゴミ分別、ハンドブックの配布等、啓発に努め、指導に力点を置いている。(特に金属類の混入は機械を傷めるためよくない)
ガス化溶融炉は維持費が高い。
上野市農業公園(治田)
美桜農園
貸し農園は50平方メートル(年間1万5千円)と100平方メートル(年間3万円)のタイプがある。
農業公園事務所券休憩所 利用者の農園
車中より、上野市農村ふれあいセンターを見る。
会員の感想
利用料金が高いと思いました。
共同の野菜くずコンポストがありました。
利用者同士の交流が持てそうでした。
三重中央開発株式会社三重総合リサイクルセンター
上野市予野字蜂屋4713番地
DINS21(DAIEI INTER NATURE SYSTEM)大栄環境グループのリサイクルセンター
 サーマルリサイクル施設(フロンの破壊が可能)、焙焼炉(高温焼成により焼却灰や土壌の無害化)、電気機器リサイクル施設、プラスチックリサイクル施設、感想・堆肥化施設、完熟堆肥型のコンポスト施設などの再資源化施設、その他に選別場、倉庫、破砕選別施設、中和処理施設、管理型最終処分場、水処理施設、分析センターなどの諸施設を供え、総合的な資源循環を目指している。

 21DINS計量証明事業所(21DINS分析センター)(三重県知事濃度代229号)においては環境測定、廃棄物分析所、製品分析を行う。
施設の特徴
サーマルリサイクル施設の処理能力1日130トン、発電電気量800キロワット、フロンの破壊一日390キログラム。
電気機器リサイクル施設の処理能力は一日20トン
プラスチックリサイクル施設の処理能力は一日25トン(積水との合同施設)
乾燥・堆肥化施設の処理能力は一日90立方メートル。完熟堆肥型のコンポスト施設である。平成8年7月4日設立。(井村屋コンポストジャパンとの50パーセントずつの合資)大豆かす、おからなどの有機性廃棄物の肥料化。そば殻(あるいは籾殻)、珪藻土、クンタンなどを混ぜ、空気を送入して微生物の活動を促進し、発酵、熟成させる。
地元農家で構成される農業生産法人「ねぎぼ〜ず」(活用の農地13.5ヘクタール、目標は50ヘクタール)では、この堆肥により元気な農作物を生産しており、更に「ねぎぼ〜ず」で作られた玉葱を井村屋が買い取り、肉まんに使っている。
破砕選別施設Aの処理能力は一日250トン
破砕選別施設Bの処理能力は一日98.4トン
中和処理施設の処理能力は一日45.6
管理型最終処分場の埋め立て面積は119,868平方メートル、埋め立て容積は1,875,392
平成10年9月、廃棄物の再資源化、収集運搬、中間処理、最終処分に至るすべての行程でISO14001の認証を取得。
Plan(計画)Do(実行)Check(評価)、Action(是正)による業務管理、従業員の意識改革、サファリパークと緑の活動により明るい事業所づくりなど、核となる理念「資源循環型地域社会の形成」への挑戦を目指している。なかでも井村屋製菓、コンポストジャパン、農業法人「ねぎぼ〜ず」の異業種との連携により資源の循環が行われている。排出業者は多種にわたっている。廃棄物の適正な処理にはコストがかかり、処理費が高くなる。排出する者は、処理費の安い方に出したいことから、廃棄物を減らすようになるなど現況の経済下、50パーセント位しか稼働していない工場もあるが、全体で見た場合、利益は横ばいである。
コンポスト施設内 空気を入れるために攪拌している 二次発酵中の堆肥
会員からの感想
各部署で管理されている花壇が綺麗で、廃材で作られたベンチや動物のモニュメントが楽しげに置かれていました。
これまでのゴミ施設のイメージとは異なって感じられました。
施設内の温室でできたバナナは、とても甘くておいしかった。グァバ、コーヒーもできていた。
このページのトップへ戻る  表紙へ戻る